Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮廷では秦王・政の実母が暗躍し出し、戦場では信がライバルたちと争う・・・。原泰久『キングダム』第18巻 奇貨居くべし

微妙に微妙に馬頭です。
それにしても、W杯のドイツVS.セルビアはどっちを応援していいのか迷いましたね。そしてまさかのセルビアの勝利。ドイツの選手のあの打っても失敗しまくってた選手はいいとこなしでした。このポドルスキーという選手、名前からしてスラヴ系ですが、ポーランド人だそうです。2歳の時にグリヴィツェ(グライヴィッツ)からケルンに移住したらしい。まだ東西ドイツが健在だったころの話なんで、ポーランドから西ドイツ? どういう理由での移住だったんでしょうね?



それはともかく。

キングダム_第18巻_原泰久

『キングダム(KINGDOM)』第18巻 奇貨居くべし

(原泰久。集英社。ヤングジャンプコミックス。2010年。514円)
「玉璽の偽造をしたと思われる母・太后のもとを訪れた政。秦国の第三勢力である後宮を取り込むため、緊張した関係であることを知りつつも頭を下げて協力を望み、太后はこれに応える。しかし、その裏で太后は呂不韋と密通していたのだった。これを見てしまった女官の向は・・・」


秦の大将軍・李信と、その盟友たる秦王・政(始皇帝)の若かりしころを描く作品「キングダム」の18巻。
政の出る宮廷パートと、信の出る戦場パートに別れての展開。
太后は政と手を結ぶかに見えましたが、呂不韋と密通をして、息子を裏切ります。後宮と呂不韋の二大陣営を敵にまわすことになりましたが、逆にこの不義密通をネタに自分たちの立場の強化をはかる政。太后が暴走気味なのか、今後、これが制御不能になって呂不韋が失墜する切っ掛けになるのかな?
魏国との戦場では信と飛信隊が活躍するものの、それより新キャラのライバルたちがもっと凄いところみせてきます。
今度の戦いは、趙から魏に亡命してきた名将・廉頗が出てきます。あの「刎頸の交わり」で知られる片方の人です。

参照サイト
ヤングジャンプ
http://yj.shueisha.co.jp/
廉頗(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%89%E9%A0%97
呂不韋(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%82%E4%B8%8D%E9%9F%8B

関連記事
見えて来た将軍になるたの道筋・・・。原泰久『キングダム』第17巻 李牧、咸陽へ
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-396.html
古代にここまで考えた戦うための全て。学研・歴史群像 グラフィック戦史シリーズ『戦術戦略兵器事典 1 中国古代編』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-386.html
呉国にやってきた孫武が登用されるまでの話。ももなり高『孫子』第1巻 孫武の巻
http://xwablog.exblog.jp/10103428


「資本と言語―ニューエコノミーのサイクルと危機」クリスティアン・マラッツィ著。
「古代マヤ・アステカ不可思議大全」。これは面白そう。漫画と手描きの文字でのマヤ・アステカ紹介。



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ     →web拍手・コメントはこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。