Entries

義経の遺児が極東地域で北条氏の陰謀と戦う変なノリの漫画。安彦良和『安東(アントン)』全3巻

web拍手レス
>偶然たどり着きました。 楽しく読みました。安東俊幸 by 安東俊幸
たぶん、この記事へのレスだと思いますので、ここに書いておきますね。
感想ありがとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日も牛丼喰ってる馬頭です。
日本対オランダ戦。オランダに0-1で負けちゃいましたね。オランダ強い。W杯見てると勘違いしそうになるけど、日本の選手が下手なんじゃなくて、日本の選手→上手い、オランダの選手→めちゃくちゃ上手い、ということなんでしょう。

それはともかく。

『安東(アントン)』第1巻_安彦良和

『安東(アントン)』第1巻

(安彦良和。Gakken学研。ノーラコミックスDX。1993年。800円。168ページ)
「文治五年(1189年)に源義経が討たれてから10年。源頼朝の跡を継いだ若く粗暴な息子・頼家は、義経一党の残党を討伐すべく、津軽・十三の浦の安東氏に兵を差し向ける。安東氏の秀元が保護する義経の忘れ形見・星若丸は、海賊となって暴れ回っていたのだが・・・」


安彦良和氏の歴史系漫画。鎌倉時代、東北の地元勢力・安東氏に匿われた源義経の遺児と、それを討伐しようとする鎌倉方との戦いを、東北及び極東アジアの歴史を絡めて描きます。
主人公の星若丸は義経の息子で、義経が自害した時、一緒に殺されたかと思われてたけど、実は生きていて、やはり同じく生きていた武蔵坊弁慶や伊勢三郎義盛らとともに、海賊として暴れています。
頼朝の跡継ぎ・頼家は、無能で粗暴ですが、幕府の実権を握る北条氏の北条義時は、修善寺党を操り、星若丸を追いつめていきます。
星若は、女真族、唐人、アイヌ人、渤海人、といったいろいろな出自の人々を率いていて、安東氏の姫・弥生とはなんかいい感じになってます。


『安東(アントン)』第2巻_安彦良和『安東(アントン)』第3巻_安彦良和


『安東(アントン)』第2巻と3巻
2巻では渤海国でも戦うことになる星若丸ですが、渤海国での戦いには、チンギスハンも登場。暗躍する義時を一緒に撃退したりも。

なんかこれ、変なノリの作品でして、他の安彦作品に比べてもちょっと独特かと。なんでしょうね、このノリは。


参照サイト
学研 出版サイト
http://hon.gakken.jp/
安東氏(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E6%9D%B1%E6%B0%8F
東日流外三郡誌(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%B5%81%E5%A4%96%E4%B8%89%E9%83%A1%E8%AA%8C
北条義時(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%9D%A1%E7%BE%A9%E6%99%82

関連記事
奈良・平安時代の日本との国交の様子を当時の状況を踏まえて紹介する。上田雄『渤海国の謎 知られざる東アジアの古代王国』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-367.html
脱獄囚の青年が北海道で行われた和人の横暴を見て・・・。安彦良和『王道の狗』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-314.html
オランダの支配する台湾を舞台に日本人が活躍する。安彦良和『麗島夢譚(うるわしじまゆめものがたり』1巻
http://xwablog.exblog.jp/10234895
古代におけるエミシという呼称の使われ方の解説とそれがどういった人々かを検証。工藤雅樹『蝦夷の古代史』
http://xwablog.exblog.jp/7921152



「虹色のトロツキー」愛蔵版第1巻。最近、虹トロの愛蔵版が出ましたね。分厚いしデカイ。カラーも収録してあるんだったかな? 最近、安彦氏の愛蔵版のはいくつか出てますが、「ジャンヌ」が欲しいですね。
「チンギス・カンの戒め―モンゴル草原と地球環境問題」。



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ     →web拍手・コメントはこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる