Entries

ベルリン大学に留学した医学生が事件に巻き込まれ・・・。かどたひろし&舘澤貢次『リーツェンの桜』第1巻

web拍手レス
>動画にすくみあがりながら最後まで見入ってしまいました・・ by 甲斐
あの鉄骨の部分だけしか残ってないとことか酷いですよね! それにあんな狭いのに人とすれ違うし!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんちは。馬頭です。この前知った動画で面白いのがあります。
スペインの渓谷に建設された100年ちょい前の道、エル・カミニート・デル・レイ(「王の小道」)というのがあるそうで、そこは崩壊しかかってる危険な道として、そういうのが好きなクライマーたちに知られているそうです。

El Camino del Rey 2010 HD: Balance

これは酷い(www
どこの3D系アクション洋ゲーですか?
ですが廃墟感と自然と一体感がいいですね。

それはともかく。

リーツェンの桜』第1巻_かどたひろし&舘澤貢次

『リーツェンの桜』第1巻

(かどたひろし&舘澤貢次。双葉社。2009年。619円。188ページ)
「1937年、ドイツのベルリン大学に留学した肥沼信次は、授業中にやってきたナチスの親衛隊員に目を付けられてしまう。その場は以前出会った美女アンによって助けられるが、その後親衛隊員と酒場で会った時に暴力をふるわれ・・・」


実在した日本人医学者・肥沼信次をモチーフにした作品。フィクションです。
第2次世界大戦がはじまる前の1937年にベルリン大学に留学した若き医学生・肥沼信次が、酷い人種的偏見を持つナチスの親衛隊員に目を付けられて、いろいろな事件に巻き込まれていきます。ドイツ人の女性で同じ医学生のアンに想いを寄せるのですが、彼女もまたこの時代の大きな流れの中に流されることになるようです。

この肥沼という人、ベルリン大学医学部で東洋人として初の教授資格を得て、その後、ドイツのリーツェンで伝染病医療に携わり、この地で病没したそうです。

この漫画は現在3巻まで出ています。

参照サイト
肥沼信次(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%A5%E6%B2%BC%E4%BF%A1%E6%AC%A1
株式会社双葉社
http://www.futabasha.co.jp/
エル・カミニート・デル・レイ(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4

関連記事
ヒットラーの生涯をその独特の作風で描く! 水木しげる『復刻版 劇画 ヒットラー』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-370.html
幕末の混乱に翻弄される武士と医師の物語。手塚治虫『陽だまりの樹』全8巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-440.html
非党員でユダヤ系の医師の苦難に満ちたソ連生活。『ロシアンドクター』という記事
http://xwablog.exblog.jp/7696095



「大戦秘史・リーツェンの桜―敗戦の地ドイツでチフスと闘い、散った日本人医博・肥沼信次」原作。
「コミック貧困大国アメリカ」。堤未果の新書を漫画化。



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ     →web拍手・コメントはこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる