Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿敵・楚国をその兵略で打ち破り・・・。ももなり高『孫子』第2巻 孫武の巻

ゲフゲフ。絶賛体調悪化中の馬頭です。
会社の上司は風邪で起き上がれないほど悪化してるそうですが、それが移ったとか? それともクーラーのせいか? てか、どう考えてもクーラーのせいだ。

なんでも、漫画「キングダム」のゲームが出るそうですよ。
「キングダム」ゲーム化決定。総集編には読み切りも収録
http://natalie.mu/comic/news/35045
PSP用だそうですが、どういうジャンルなんでしょうか。
ああ、そのうち「春秋無双」とか出ないかな~

それはともかく。

ももなり高『孫子』第2巻 孫武の巻

『孫子』第2巻 孫武の巻

(ももなり高。世界文化社。ロマンコミックス。2007年。838円。240ページ)
「前6世紀の中国。春秋時代の混乱の中、長江下流にある国・呉は隣国・楚と長い戦いを繰返していた。呉の将軍・孫武は、その軍事理論をもって呉の快進撃を支え、楚国を翻弄する。しかし、孫武の命を狙う女・翡翠が現れ・・・」


孫子の兵法を書いた孫武の活躍を描く作品の第2巻。楚国との戦いは彼のおかげでずっと優位に進みます。
2巻では楚との戦争がメインです。呉がずっと優位なんですが、楚側も沈尹戍(瀋尹戍?)という将軍が頑張りますが、楚王や嚢瓦が駄目駄目でやられてしまいます。楚の首都・郢(てい)を陥落させ、楚に恨みを持つ亡命者・伍子胥が、先王の墓を暴いて死体に復讐する話や、呉の闔閭の弟・夫概が母国で叛乱を起こして追い出されるまでが描かれます。
姉を殺された恨みを持つ女・翡翠が孫武を狙う、という創作部分などもあり。あと、墨家の墨緋も、孫子の弟子という形で登場します。
2巻で完結はしてませんが、続きは出てないようです。

そういや、結局、孫臏(そんぴん)が主人公の『臏  孫子異伝』は読まなくなっちゃったなぁ。


参照サイト
世界文化社
http://www.sekaibunka.com/
孫武(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%AB%E6%AD%A6
孫子(書物)(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%AB%E5%AD%90_(%E6%9B%B8%E7%89%A9)
楚 (春秋)(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%9A_%28%E6%98%A5%E7%A7%8B%29

関連記事
古代にここまで考えた戦うための全て。学研・歴史群像 グラフィック戦史シリーズ『戦術戦略兵器事典 1 中国古代編』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-386.html
「論語」と「孟子」を収録した一冊。有名な言葉がぎっちりです。『中公バックス 世界の名著 3 孔子 孟子』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-272.html
攻め寄せる狄軍を橋で迎え撃つことにしたのだが・・・。星野浩字『臏 孫子異伝(びん そんしいでん)』第4巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-186.html
呉国にやってきた孫武が登用されるまでの話。ももなり高『孫子』第1巻 孫武の巻
http://xwablog.exblog.jp/10103428
秦国と手を結んだ墨家と戦うことになってしまった革離・・・。酒見賢一&久保田千太郎&森秀樹『墨攻』第4巻から第8巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-444.html



「図説中世ヨーロッパ武器・防具・戦術百科」。これは読んでみたい。どんなもんだろ。
「世界で最も危険な書物―グリモワールの歴史」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ     →web拍手・コメントはこちらへ

関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。