Entries

カンボジアで少年兵として戦った実体験をもとに描く。深谷陽&アキ・ラー『密林少年 (Jungle Boy)』第1巻

web拍手レス
>深谷陽先生の短編が、エンターブレインのコミックビームという雑誌に載っていましたよ。
>密林少年と違って心あたたまる一本でした。なんともロマンチックでして。
コミックビーム掲載作品はバリが舞台の読み切りのようですね。
前にベトナムの話もあったそうなんで、もしかしたら東南アジアとか好きなのかもしれませんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鳥の穴20100801

八月になったのでラーメン鳥の穴に行って限定ラーメンを食べてきました。去年、このさっぱりしたラーメンを食べたことでここの限定ラーメンをチェックするようになったのでしたね。久々に食べたこれは、やっぱり美味しかったです。去年は気付くのが八月の終わり近かったので、あんまり食べられませんでしたが、今年は何回か行ってみたいですね。


それはともかく。

深谷陽&アキ・ラー『密林少年 (Jungle Boy)』第1巻

『密林少年 (Jungle Boy)』第1巻

(深谷陽。アキ・ラー/編著。集英社。ヤングジャンプ・コミックスBJ。2006年。505円。213ページ)
「80年代のカンボジア。五歳にして両親を殺された少年アキ・ラーは、両親を殺したポル・ポト派の少年兵として戦わされるようになる。狩りと地雷に習熟した彼は、ある戦いでベトナム兵の捕虜となり、今度はベトナム兵として戦うのだが・・・」


カンボジアでポルポト派とベトナム軍と両方にいたことがあるというアキ・ラー氏の体験を本にした「アキラの地雷博物館とこどもたち」の漫画化です。

5歳で両親を殺され、10歳で少年兵として戦ったアキ氏ですが、今は地雷博物館というのをやっているそうです。戦争やってた間は、地雷の埋設や除去などに習熟して、現在はその地雷の除去をやってたりもするとか。
恐怖によって支配されたポル・ポト派での生活や、ベトナム側で戦った時の体験など、どっちにしろ選択権のない苛酷な境遇で悲惨です。

参照サイト
アキラの地雷博物館
http://peace.s9.xrea.com/
アキ・ラー(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%BC
クメール・ルージュ(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5
MON-50(wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/MON-50

関連記事
内戦の混乱の中で生きる少年と少女たちの生きるための戦いについて。『裸者と裸者』上下巻、という記事
http://xwablog.exblog.jp/7533952
歪んだ政策の被害者たち。自衛隊を取材したルポの漫画化。杉山隆男&本間一博『兵士に聞け』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-383.html
少年たちが内戦下の日本で東京を目指す。北崎拓&工藤かずや『望郷戦士 ティアフルソルジャー』全7巻
http://xwablog.exblog.jp/9917896
タカラトミーのトミカ『コマツ 対人地雷除去機D85MS 1/142』が発売。売り上げの一部は寄付に
http://xwablog.exblog.jp/9563898
池袋でモコモコ大人気家畜のアルパカを見た。サンシャインシティのイベントスペースで。
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-173.html



「アキラの地雷博物館とこどもたち」
「キリング・フィールド HDニューマスター版」DVD。
「踊る島の昼と夜」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ





関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる