Entries

やる気の出ない御庭番筋の家の次男坊が凄まじい忍び・孫蔵と出会い・・・。森田信吾『御庭番 明楽伊織』第1巻

今晩は。馬頭です。
ミニッツメイドの果汁ジュースも好きだけど、トロピカーナもいいですね。パインアップル味のを今飲んでますが、とろっとろで酸味も甘みも強く美味しいです。

それはともかく。

森田信吾『御庭番 明楽伊織』第1巻

『御庭番 明楽伊織』第1巻

(森田信吾。角川書店。角川チャージコミックス。2008年。580円。198ページ)
「弘化三年(1846年)の江戸。治安が急速に悪化し、不穏な空気が漂う中、幕府のために御庭番として働いてきた明楽家次男の道楽息子・伊織は、父たちに仕えてきた忍びの達人・孫蔵にその腕を試されるのだが・・・」


「明楽と孫蔵」の続編です。
「明楽と孫蔵」の孫蔵はそのままですが、明楽の方は息子の代の話で、才能はあるんだけどやる気の無く、放蕩三昧だった次男・伊織が、孫蔵にとっちめられて、そこから徐々に御庭番として成長していく、というような話みたいです。
2巻まで出ているようです。

参照サイト
森田信吾(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E7%94%B0%E4%BF%A1%E5%90%BE
ヤングエース
http://www.kadokawa.co.jp/ya/
御庭番(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E5%BA%AD%E7%95%AA

関連記事
夷狄の正体は実は化物だった! 幕末武士対触手系グロ外人! 森田信吾『幕末世界 攘夷』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-525.html
幕末を駆けた天才剣士の戦いを描く。森田信吾『伊庭征西日記 徳川直参の生き様と明治維新』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-522.html
壮絶なる忍術合戦! 『影風魔ハヤセ』第2巻という記事
http://xwablog.exblog.jp/7457645



「鴉 KARASU」1巻。町田一八&柳ゆき助著。仙台藩・衝撃隊の話。
「ガンガン戦―IXA―二〇一〇 夏の陣」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitterはこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる