Entries

冷戦時代のソ連が各地に作った秘密だったり閉鎖されてたりした都市の話。片桐俊浩『ロシアの旧秘密都市』

どうも。馬頭です。
最近は会社のネタが書きづらくていけない。
あ、そうそう。会社にやたら蚊が出るんですが、なんの対策もやってくれない。あと今日は蛾が出たんですが、ある社員が・・・あ、このネタはやめとこう。

それはともかく。

片桐俊浩『ロシアの旧秘密都市』

『ロシアの旧秘密都市』

(片桐俊浩。東洋書店。ユーラシア・ブックレットNo.153。2010年。600円。64ページ)
はじめに
第一章 旧「秘密都市」の概要
第二章 原子力関連の10都市
第三章 核ミサイル基地と宇宙部隊
第四章 海軍基地
第五章 その他の閉鎖都市
おわりに


ソ連が軍事的な理由などから人の行き来を制限したり、その存在そのものの情報を秘密にしていたりした都市を解説した本です。速水さんのblogで紹介されてて知りました。ユーラシア・ブックレットのシリーズのひとつで、難しいところもなく気軽に読めて楽しめました。
ロシア各地にあるソ連時代からの秘密都市の歴史と現在をいくつも書いてあります。
そこがどういう理由であるにせ、秘密にされ・閉じられた状況というのがなんか燃えますね。私も子供のころから「秘密基地」とかにワクワクするタイプの子だったので、この手のものはいまでも好きです。特にウクライナのバラクラヴァの話は、漫画かアニメの話みたいだ。
いろいろ酷い話も載ってますが、スケールの大きい話です。
囚人を建設に使ってますが、そのままそこに住み続けちゃう人がいるとか。驚きますね。そんなトコ住みたくない、とか思わんのかなー。

参照サイト
ユーラシアブックレット(東洋書店)
http://www.toyoshoten.co.jp/eurasia/
サロフ(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AD%E3%83%95
閉鎖都市(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%89%E9%8E%96%E9%83%BD%E5%B8%82

関連記事
第二次世界大戦後半のソ連軍を解説する。学研『ソヴィエト赤軍興亡史 III』大祖国戦争後編(1943~45)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-434.html
少年たちが内戦下の日本で東京を目指す。北崎拓&工藤かずや『望郷戦士 ティアフルソルジャー』全7巻
http://xwablog.exblog.jp/9917896
彷徨う百済軍の兵士たちがたどり着いたのは不気味な廃城で・・・。林光默『迷宮』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-509.html
経済的政策を上手くまとめたソ連についての略史。松戸清裕『歴史のなかのソ連 世界史リブレット92』
http://xwablog.exblog.jp/8558640


「増補 聖なるロシアを求めて―旧教徒のユートピア伝説」
「トルコから見たユーラシア―経済連携を中心に」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitterはこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる