Entries

バングラディシュ人の夫とのおもしろ夫婦生活を描く。黒川あづさ『アジ玉。(asia-no-tamanokoshi。)』第2巻と3巻

どうも。馬頭です。
古本屋で働いてた友達によると、古本屋には頭のおかしいのが多いとか。私もいままでいろいろ不愉快な思いをしたりが多かったですが、何か理由とかあるんでしょうかね?
あ! とりあえず、私もその一人か!?(古本屋歴◯◯年にして、ようやく気付いた)

それはともかく。

『アジ玉。2(asia-no-tamanokoshi。)』(第2巻)黒川あづさ

『アジ玉。2(asia-no-tamanokoshi。)』(第2巻)

(黒川あづさ。中央公論新社。2006年。880円。168ページ)


バングラデシュ人と結婚した漫画家・黒川あづさ氏の夫の実家訪問エッセイ漫画の2巻と3巻。この3巻で一応終わりみたいです。
今回も微妙な(!)夫婦生活と夫クリリン氏のおもしろ言動を描いていますが、クリリン氏はコミケに行ったそうですよ。奥さんのお手伝いで。そして、コスプレ見に行ったりしたそうな。だけど、会場の感想が「誰かがオナラしたんだ 臭くてまいったよ」だそうです。・・・あー、どこから説明したらいいのか・・・
あと、毎年池袋西口でやってるボイシャキ・メラというバングラディシュ人が集まるイベントの実行委員会として関わってるそうです。そうだったんかー。
他にも世界遺産のシュンドルボンに行った話などなど。


『アジ玉。3(asia-no-tamanokoshi。)』(第3巻)黒川あづさ

『アジ玉。3(asia-no-tamanokoshi。)』(第3巻)

(黒川あづさ。中央公論新社。2008年。880円。168ページ)


3巻では、作者が母親と一緒にバングラディシュに行きます。こっちの家族と初顔合わせ。
さらにその後、クリリン氏のお父さんが亡くなる話、とそのお葬式の話。ラーマン家はでかいから葬式も大変なもんになります。


参照サイト
なんとかしろ(黒川あづさ公式)
http://yaplog.jp/heiz-t8/
バングラデシュ(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%B7%E3%83%A5
シュンドルボン(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%B3

関連記事
日本の漫画家が結婚したバングラデシュ人の夫の実家は実は・・・。黒川あづさ『アジ玉。(asia-no-tamanokoshi。)』(第1巻)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-441.html
トルコに暮らした漫画家が描くドタバタ面白エッセイ漫画。高橋由佳利『トルコで私も考えた 21世紀編』
http://xwablog.exblog.jp/8513299
非常識な常識を体感せよ。小越なつえ『それいけ!パキスタン通い妻』。あと米澤嘉博氏死去という記事
http://xwablog.exblog.jp/8513011
アメリカ人と熱烈な結婚した作者が描く新婚生活。コンノナナエ『国際結婚のススメ これが私たちのラブライフ』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-417.html
旅行っていうレベルじゃねーぞ。インドのおもしろ旅行記。流水りんこ『インドな日々』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-108.html



「南アジア史 (新版 世界各国史)」
「数になりたかった皇帝――漢字と数の物語」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ     →web拍手・コメントはこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる