Entries

クワンとは何者であるのかが世界の命運を左右する・・・。志水アキ『怪・力・乱・神クワン』5巻から第7巻(完結)

ヒッヒッフー、ヒッヒッフー、と呼吸を繰返してみた馬頭です。意外にむずい。
2日連続でお酒飲んだらおなかと体調を壊しました。何日も連続で飲み会したりする人とかよく大丈夫だなー。
私はお酒一杯で眠くなり、二杯飲めば翌日にも影響が出る、という程度。安上がりでもあるけれど!

それはともかく。

志水アキ『怪力乱神クワン』第7巻

『怪・力・乱・神クワン』第7巻(完結)

(志水アキ。メディアファクトリー。MFコミックスフラッパーシリーズ。2008年。514円。227ページ)
「不完全な存在だったクワンに代わり、新たに送り込まれて来たもうひとつのクワンと同じ存在・渾沌。道士である左慈や于吉たちですらどうすることもできない圧倒的な存在に対し、ついにクワンとダキは・・・」


三国志時代の神仙たちの戦いを描く志水アキ氏の伝奇漫画を五巻から完結7巻まで読みました。
7巻が書店で売ってないので、しょうがなくネットで取り寄せました。
ちょっと前に読んでから間が空いたせいか、どこまで読んだのかすっかり忘れてて、3巻から読み直してしまいました。読んでて途中、なんか読んだことあるなー、と気付いたけど、結局読んだ。

仙界から戻ってきたクワンやシャガたちが黄巾賊の張宝が放った刺客たちに襲われますが、なんとか撃退することに成功。しかし、シャガは連れ去られてしまいます。そこでシャガはある人物に再会することになります。
黄巾賊の活動を妨害する活躍をするようになるクワンたちですが、ついに張宝・張梁たちとの戦いになり、そこにさらにやはり生きていた于吉が登場してややこしくなったりも。
クワンもダキとの関係が神々の思惑によっていたことが判明。そしてついに渾沌がこの世に送り込まれてそれと戦うことになります。2人が合体して大人バージョンとなったクワンは、世界の命運を懸けて戦うのですが・・・。

これ、最後に帝江が出て来てアレって展開に。三国志的な舞台のことも少し活用しきれてなかった感じもあります。
でも、なかなか面白い漫画でした。


参照サイト
ヒゲズシ日記(志水アキ)
http://shimz.blog55.fc2.com/
コミックフラッパー.com オフィシャルサイト
http://www.comic-flapper.com/
中国神話(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E7%A5%9E%E8%A9%B1
渾沌(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%BE%E6%B2%8C

関連記事
妖怪を食べてしまう不思議な少年が三国志の時代を彷徨う・・・。志水アキ『怪力乱神クワン』第1巻から4巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-486.html
マイナーキャラが主役のセンスの良い短編が五本入った一冊。志水アキ『異郷の草 三国志連作集』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-455.html
ぐいぐい引き込む漫画力。呪術的観点からの『三国志』という驚異。大西巷一『女?(じょか)JOKER』
http://xwablog.exblog.jp/7720530
孔子が周王朝時代の霊廟で拾った少年・赤は・・・。諸星大二郎『孔子暗黒伝』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-200.html



「業政駈ける」火坂雅志著。長野業政が主役の小説。武田信玄が勝てなかった武将、という感じで書かれてるみたい。
「世界の教会」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ     →web拍手・コメントはこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる