Entries

奥州にやってきた義経の話や木曾義仲の短編など。佐久間智代の平家物語シリーズの四冊目。『風は時を奏でる』

どうも。馬頭です。
アスキー・メディアワークスから出るという歴史系漫画雑誌ですが、「歴史魂」というタイトルになるようです。季刊誌で12月6日創刊予定。

それはともかく。

風は時を奏でる 平家物語シリーズ_佐久間智代

『風は時を奏でる 平家物語シリーズ』

(佐久間智代。角川書店。ASUKA COMICS DX。1999年。560円。188ページ)
「奥州へと連れてこられた源義朝の息子・遮那王。しかし、連れて来た吉次の言ったこととは違い、藤原秀衡(ふじわらのひでひら)は彼を無条件で歓迎するという様子ではなかった。半ば諦めともとれる態度の遮那王だったが、秀衡に同道して金色堂に向かう時に・・・」


佐久間智代氏が平家物語を題材に描いたシリーズの4冊目。
この巻では前の巻から続く源義経の子供時代の話の続き「らせんは時を越えて」と「風は時を奏でる」が収録。
あと、木曾義仲の子供時代の話「記憶の破片」、平安時代の歌人・作家・赤染衛門の話「ときめきとやすらぎと」、江戸時代の彫り物職人のファンタジーな話「夜がな夜っぴて」と、全部で五編収録されています。
そうか、前に「暴れん坊少納言」読んだ時に赤染衛門なんて知らないなー、とか思ってたけど、これで一度は知ってたはずだったんだと気付きました。


参照サイト
月刊 Asuka | 角川書店・角川グループ
http://asuka-web.jp/
藤原秀衡(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E7%A7%80%E8%A1%A1
大江匡衡(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B1%9F%E5%8C%A1%E8%A1%A1
左甚五郎(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A6%E7%94%9A%E4%BA%94%E9%83%8E

関連記事
北條政子と源義経がメインの二編。佐久間智代の平家物語シリーズの三冊目。『らせんは時を越えて』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-635.html
平知章と平教経がメインの二編。佐久間智代の平家物語シリーズの二冊目。『きらめく波の飛沫』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-633.html
奥州で謎の集団が騒乱を巻き起こす・・・。沢田ひろふみ『遮那王 義経』奥州編 第19巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-28.html
対立する梅壷と藤壷が協力して舞を舞わねばならなくなって・・・。かかし朝浩『暴れん坊少納言 VI』(第6巻)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-373.html



「英国メイドの世界」。もとは同人誌だったのが講談社から書籍化。むちゃくちゃ分厚い。
「ドキッ 乙女だらけの帝國陸軍入門」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる