Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町を騒がす念仏辻斬りの影に勤王志士の影が・・・。森田信吾『明楽と孫蔵』第1巻

キャーララララッ! 馬頭です。
最近自分の中に、生涯二度目の将棋ブームが来てるんですが、将棋の腕の方はドが付く素人でして、iPhoneにダウンロードした将棋ゲームでは、二枚落ちじゃないと勝てないというレベル。しかも、「待った」有りで・・・。
将棋ができるサイトもあるのでそこでもやってみましたが、こっちの方はCPUが頭弱くて普通に勝てます。こっちはちょっと弱過ぎる感じ。通信対戦もできるみたいですが、さすがに「まだその域に達していない」というやつで恥ずかしくてやってません。

それはともかく。

森田信吾『明楽と孫蔵』第1巻

『明楽と孫蔵』第1巻

(森田信吾。双葉社。アクションコミックス。1995年。540円。236ページ)
「幕末の江戸。死病の流行や旱魃・洪水など、不安な情勢の影響で治安が悪化する中、勤王の志士たちが暴れまわり、人々を怯えさせていた。公儀隠密御用(御庭番)の明楽伊織は、最近江戸を騒がせている謎の辻斬りを追うことにする。そして、辻斬りと関わりのありそうな水戸藩別邸の賭場へと潜入するのだが・・・」


前に紹介した「御庭番 明楽伊織」の前のシリーズです。1巻だけですが、久々に読んでみました。
「御庭番 明楽伊織」は、この漫画の主人公・明楽伊織の若い頃を描いた作品でしたね。なんか勘違いしてた。
黒船来航やら死病の流行、天災などが立て続けに起きて、不穏な情勢の幕末の江戸が舞台。
御庭番である明楽伊織は、部下の忍びの老人・孫蔵とともに、不逞浪士をやっつけることになります。
特にこの巻に出てくる不気味な人斬り・丹直次郎のキャラが凄い強烈。この漫画を知ったのも、実は平野耕太の同人誌でこの丹(にう)が出て来て、その元ネタとして知ったという経緯が。「キャーララララッ」という叫びもその時憶えたけど、よく見てみたら作中で一回しか叫んでないな!
このシリーズは12巻まで出ています。最後までは読んでないんですが、どこまで読んだんだったっけかな?

参照サイト
株式会社双葉社
http://www.futabasha.co.jp/
森田信吾(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E7%94%B0%E4%BF%A1%E5%90%BE
御庭番(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E5%BA%AD%E7%95%AA
賭場(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%AD%E5%A0%B4
辻斬(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%BB%E6%96%AC
将棋 SDIN無料ゲーム
http://sdin.jp/browser/board/shogi/

関連記事
やる気の出ない御庭番筋の家の次男坊が凄まじい忍び・孫蔵と出会い・・・。森田信吾『御庭番 明楽伊織』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-548.html
夷狄の正体は実は化物だった! 幕末武士対触手系グロ外人! 森田信吾『幕末世界 攘夷』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-525.html
幕末を駆けた天才剣士の戦いを描く。森田信吾『伊庭征西日記 徳川直参の生き様と明治維新』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-522.html
戦国時代を舞台にした漫画ふたつ。森田新吾『影風魔ハヤセ』第3巻、山田芳裕『へうげもの』第3巻
http://xwablog.exblog.jp/10447516



「賭博の日本史」増川宏一著。なんか、凄いレア本のようですね。中古で21000円にもなってます。
「未知との遭遇 スイスと日本―16世紀~1914年」。記録が残るはじめての訪日スイス人は、やはり傭兵でして、17世紀初頭にオランダの東インド会社に雇われてきてるみたいです。パラ見しましたが、なかなか面白そう。



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ

関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。