Entries

伊達家の名参謀・片倉景綱と伊達政宗の主従関係を描く。田中克樹『伊達の鬼 軍師 片倉小十郎』第1巻

どうも。馬頭です。
痛い痛い。月曜に自転車でコケてしまいまして、体中が痛いです。
コケたのは、後輪のスプロケットが空回りしてしまうという症状が走ってる時に突如として出て、バランスを崩して倒れてしまったからです。修理に持ってったら、車輪とスプロケットは内部ででっぱりにひっかけて回してるけど、その出っ張りが潰れたか摩耗したかとかで空転しちゃってるんだとか。上手く引っかかればまだ回せるし、引っかからないと空転しちゃうという状況。修理代は15000円くらいするとか言われて、直す気は失せました。とりあえず、そのまま乗ってます。

それはともかく。

『伊達の鬼 軍師 片倉小十郎』第1巻_

『伊達の鬼 軍師 片倉小十郎』第1巻

(田中克樹。新潮社。バンチコミックス。2009年。514円。189ページ)
「1575年の出羽国米沢。神官の息子・片倉小十郎景綱は、戦国大名・伊達家の嫡男・梵天丸に仕えていたが、なんとその梵天丸の病んだ片目を抉り取るということをして捕えられていた。重臣居並ぶ裁きの場に連れてこられた小十郎は、問われてその訳を語るのだが・・・」


伊達政宗に仕えた名臣・片倉景綱を主人公にした漫画です。
「智の片倉景綱」と呼ばれた軍師の彼と、伊達政宗との主従関係を軸に物語が展開していきます。
伊達政宗が子供の頃、その片目を抉り取る暴挙を行ったことで殺されてしまいそうな雰囲気になりますが、彼は醜くなった目を負い目に感じ、気に病んでいるけれど、目がなくなれば将来名君になる、と堂々と言い放ちます。重臣たちは彼が殺されることになると判断しますが、むしろ政宗の父・伊達輝宗に認められ、また、まだ10歳の政宗が傷をおして助けにきてくれたことで、その後もよりいっそう政宗のために働くことになっていきます。
中盤では政宗の代わりに海を見に行って、そこでたまたま刺客に追われる山本勘助に出会います。密かに生き残ってたとかそういう設定で。勘助は助けてくれた小十郎にこれからの戦争は鉄砲だとか教えてくれます。
後半では元服と初陣に行くぞー、という話。政宗に仕える名臣たちもいろいろ登場します。
絵柄はこんな感じですが、漫画としてのノリは原哲夫的。

この漫画もともと「コミックバンチ」で連載されていましたが、あの分裂で「ゼノン」の方に移動しました。タイトルも「バリエンテス 伊達の鬼 片倉小十郎」になってます。

参照サイト
web@バンチ
http://www.comicbunch.com/
COMIC ZENON|コミックゼノン
http://www.comic-zenon.jp/
片倉景綱(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%87%E5%80%89%E6%99%AF%E7%B6%B1
李克用(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E5%85%8B%E7%94%A8

関連記事
歴史系漫画多め。原哲夫の作った新雑誌が新創刊。『月刊COMIC ZENON(コミックゼノン)』2010年12月号(創刊号)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-617.html
政宗の戦国大名としての歩みは血に彩られ・・・。阿部川キネコ『姫武将正宗伝 ぼんたん!!』第4巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-467.html
関東遠征の中でも、みんなしてわび数寄で大忙し。山田芳裕『へうげもの』第7巻
http://xwablog.exblog.jp/9374202
放浪の女騎士は金髪碧眼の蛮族出身で・・・。田中克樹&爲我井徹『Valkyria(ヴァルキュリア)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-497.html



「片倉小十郎景綱―独眼竜の名参謀」
「ラオス史」マーチン・スチュアート-フォックス著。



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ

関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる