Entries

壊滅した第9軍団の七人の生き残りが辺境の荒野を駆け続ける・・・。ニール・マーシャル監督『センチュリオン』

どうも。馬頭です。
ここ1年くらいで、池袋・大塚近辺のインド料理屋が立て続けに店を改装したのは、何かあったのでしょうかね。コミュニティがあるでしょうし、示し合わせて?

それはともかく。

センチュリオン_DVD

『センチュリオン』

(イギリス映画。監督/ニール・マーシャル。出演/ミヒャエル・ファスベンダー、ドミニク・ウェスト、オルガ・キュリレンコ、ほか。2010年公開。97分。2011年DVD発売。)
「117年、ブリテン島北部。この辺境にまで進軍したローマ軍はピクト人の強硬な抵抗に苦しみ、最北端にあるインチトゥティルの駐屯地は襲撃により陥落する。百人隊長だったクイントゥス・ディアスは、ピクト人たちに捕まるも、運良くローマ軍に助けられることになる。そして、ピクト人たちと戦うために北上するその第9軍団に従軍することになるのだが、彼らは罠にかかり、壊滅してしまう。生き残ったクイントゥスたち数人の兵士は、捕えられた将軍を助けるため、ピクト人の集落へと向かうのだが・・・」


前々から気になってた映画ですが、やっと見れました。ローマ軍の兵士たちが辺境の荒野を駆けていく映画です。というか、はじめ想像してたのと違う感じの映画でした。もっと「荒野の七人」というか「七人の侍」みたいな映画かと思ってた。監督は「ディセント」や「ドゥームズデイ」のニール・マーシャル監督。「センチュリオン」ってのは百人隊長のこと。
117年のスコットランド。駐屯するローマ軍の百人隊長クイントゥスはピクト人の襲撃により捕えられてしまいます。そしてそこから逃れたクイントゥスは、狩るよう殺されるところをちょうど任務で北上してきたウィリクス将軍率いる第9軍団に助けられ、彼らとともに再びピクト人の地へと赴きます。
しかし、第9軍団は、案内人として付けられたピクト人の女・エテインが実は敵側の人間で、彼らを罠へと誘い込んだため、襲われた第9軍団は全滅してしまいます。生き残ったクイントゥスと六人の兵士たちは、捕えられたという将軍を助け出すため、ピクト人の集落へと向かいます。
そして集落へと潜入してあとわずかというところで救出は失敗。さらに、潜入の時にピクト人の王ゴーラコンの息子を殺してしまっていたため、ゴーラコンは復讐のために追手をかけ、こうして七人は敵地の真っただ中を必死で逃げまわるハメになるのです。

うーむ、これははじめの方は良かったけど、途中からちょっといまいちな感じに。
いや、合戦シーンとか、大自然踏破シーンとか、かなり見応えあるんですよ。やけに血飛沫とか首ちょんぱとかに力入ってるのもgood!!
けど、いろいろと駄目な部分が目立ってきてしまいます。予算なかったからなのかもしれないけど・・・。あと、クイントゥスの行動がベタかつ無茶でどうかと思った。
これ見て、「キング・アーサー」を思い出しました。いろいろ似てると思うんですがどうでしょうか。

主人公クイントゥス役のミヒャエル・ファスベンダーと、ウィリクス将軍のドミニク・ウェストは、ともに「300」に出てるそうです。ステリオスとセロン役で。あとファスベンダーは「イングロリアス・バスターズ」のイギリス人将校役で出てたとか。しかもこの人、ドイツとアイルランドのハーフだそうですけど、母方の祖先がマイケル・コリンズだとか。
あと、ローマ人に舌を切り取られたピクト人の女戦士・エテイン役の人はウクライナ人俳優オルガ・キュリレンコです。だから喋れない役なのか。


参照サイト
CENTURION 英語公式
http://centurionmovie.com/
センチュリオン (映画)(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3_%28%E6%98%A0%E7%94%BB%29
ミヒャエル・ファスベンダー(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%92%E3%83%A3%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B9%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC

関連記事
古代ローマの激動の時代を描く長編テレビドラマ。ジョン・ミリアス監督『ROME(ローマ)』
http://xwablog.exblog.jp/8032543
ケルトものの本は図版が豊富なほうがいいですね。サイモン・ジェームズ『図説ケルト』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-481.html
トルケルの追撃を逃れるため、ブリテン島西部ウェールズへ。幸村誠『ヴィンランド・サガ』第4巻の記事
http://xwablog.exblog.jp/7620937
テルモピュライの戦いは100万対300人のガチンコバトル。F・ミラー『300(スリーハンドレッド)』その1
http://xwablog.exblog.jp/7489963



「キング・アーサー ディレクターズ・カット版」blu-ray版。
「第九軍団のワシ」サトクリフ著。



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ

関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる