Entries

前々からやりたいと思っていた江戸城巡りをしてきました。靖国神社も初参拝

今日は、奥野さん夫妻と蒸しぱんさんとともに江戸城巡りに行ってきました。ついでに靖国神社にも行きました。靖国は初めてです。
前々から江戸城巡りはやりたいとみんなで言っていたのですが、やっと実現しました。


江戸城巡り20110220_01

靖国神社

まずは靖国神社。近くで撮影するの忘れてたので、これしか神社そのものの写真ないです。
建物は思ったよりか大きくはないけど、敷地は広かったですね。


江戸城巡り20110220_02

靖国神社の鳥居

デカイ。むちゃくちゃデカイので全部写りません。これより大きい鳥居は見た事無い。


江戸城巡り20110220_03

大村益次郎の銅像

なぜここにあるのかは知らないけど、高い柱の上に立ってました。


江戸城巡り20110220_04

日本庭園

神社の裏側にありました。いい雰囲気。


江戸城巡り20110220_05



池には大きな鯉が何匹も。しかし、近くに餌の自販機があったので撒いてみたのですが、満腹なのかさっぱり喰い付かず。


江戸城巡り20110220_06



しかし、その餌に鳩が喰い付いた!! 凄い喰い付きっぷり。人にも慣れてるのか、手から喰う鳩。


江戸城巡り20110220_07

大砲

なんと、ロシアのプチャーチンが乗って来たディアナ号の大砲がここに。ディアナ号、日本に来て沈んじゃったから、ここにあるみたいです。

このあとは皇居の北の丸へと行きました。田安門から入って武道館の横を回り、休憩所でちょっと食事して、近衛第一連隊記念碑を見て、吉田茂の銅像を見たあとに、清水門に行きました。北の丸にはかつて近衛連隊の駐屯地があった。吉田茂像の近くに第一連隊の記念碑もあったみたいですが、気付かなかった。


江戸城巡り20110220_08

清水門

上からはじめの入り口のところを撮影。



江戸城巡り20110220_09

清水門の内側の階段

清水門は北の丸の上の部分とかなり段差があります。



江戸城巡り20110220_10

北桔梗門横から堀を見て

北の丸から南下して本丸の北桔梗門の所へきました。本丸なだけあって堅固な造り。高低差もありますし、石垣も全面埋めてます。



江戸城巡り20110220_11

本丸

北桔梗門から本丸を見て。本丸に入るには、入場票を受け取ってから。
前田家がこの本丸の建設をまかされてましたが、他の石と違い、白い石を使ってます。



江戸城巡り20110220_12

本丸の上

本丸の上に登って、かつて大奥があった広場に向かって撮影。本丸は1657年、天守閣が完成してからわずか19年で火事で焼けてしまいました。
火事の跡が黒く残ってたりします。あと石垣が一部欠けてるのですが、火事で欠けたのかもしれません。



江戸城巡り20110220_13

平川門

本丸から下の広場は見ずに梅林坂の方へ行き、平川門から外に出ました。平川門は江戸城の北東にあり、かつて死体などを運び出した特別な門。



江戸城巡り20110220_14

平川壕ごしに見る北桔梗門

竹橋門と北桔梗門の間あたりから北桔梗門の方を撮影。ここはやはり凄い高低差です。


このあと、この紀伊国坂を西へ向かい、かつて近衛連隊司令部だった東京近代美術工芸館に向かい、そこからさらに千鳥が淵の南側の土塁の上を歩いて皇居から出ました。
そして、蒸しぱんさんの案内で、ここの谷状地形を観察しながら西へ向かい、四ッ谷駅まで行きました。かつての江戸の地形を感じながらの、なかなか無い体験をさせてもらいました。
四ッ谷もかつて四谷見附という門があったみたいですが、今は石垣が少し残るのみ。四ッ谷駅も堀を埋め立てたところに出来てます。
ここから市ヶ谷亀が岡八幡宮へ向かいました。途中、イカロス出版の直営店である、のりもの倶楽部があったので、ちょっと立ち寄りました。
亀ヶ岡八幡宮は、やはりここの谷状大地の底から丘の上に登ったところにあり、急な階段が印象的。中にはいろいろありましたが、ペットのことを願った絵馬が大量にあったのがおもしろかったです。このペットについて何か由来があるのか軽く調べてみましたが、よくわからない。なんで? 太田道灌が関連する八幡宮だから?

これでとりあえず江戸城巡りは終わり。用事のある蒸しぱんさんと別れ、有楽町のレネップというドイツ居酒屋に行き、本当は時間があれば江戸城巡りにも参加される予定だった速水さんを迎えて飲み会となりました。ビールうまうま。
全部で12キロも歩いたらしく、家に帰ったときは膝が痛かったです。疲れたけど充実した1日でしたね。
ただ、今回、江戸城巡りとはいいつつも、江戸城の四分の一しか回れなかったので、また今度続きをやることになりそうです。

今回、行く前に多少予習しておこうと、こんな本を用意しました。まあ、したんですが、時間なくてほとんど読めなかった・・・。

『江戸時代選書8 江戸城』

『江戸時代選書8 江戸城』

(田村栄太郎。雄山閣。2003年。2000円。229ページ)
江戸城の歴史とかが書かれた本。事前に一番読んだ。地図はあるけど照らし合わせて全部見れないのが難。



『江戸・東京文庫2 江戸の名残と情緒の探訪 江戸・東京 歴史の散歩道2 千代田区・新宿区・文京区』

『江戸・東京文庫2 江戸の名残と情緒の探訪 江戸・東京 歴史の散歩道2 千代田区・新宿区・文京区』

(街と暮らし社。2000年。1800円。190ページ)
実は観光ならこれをちゃんと見ておくべきだったと、今気付いた。これはいいかも。



『どんな町? どう変わった? 江戸東京古地図』

『どんな町? どう変わった? 江戸東京古地図』

(幻冬舎。監修/正井泰夫。2004年。1000円。96ページ)
江戸の古地図の本。江戸の歴史を知ってから読むのがいいかも。おもしろそう。

この中の「江戸城」は持って歩いてたけど、使う機会はまったくなかったです。あと東京の地図も持ってたけどこれも使うことなかった。荷物になっただけだった。


参照サイト
宮内庁参観案内:施設情報:皇居
http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/koukyo.html
靖国神社
http://www.yasukuni.or.jp/
江戸城(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%9F%8E
ディアナ号(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%8A%E5%8F%B7
市ヶ谷亀ヶ岡八幡宮
http://www.ichigayahachiman.or.jp/index.html
のりもの倶楽部 イカロス出版
http://www.norimono.cc/
空飛ぶ速水螺旋人
http://park5.wakwak.com/~rasen/
ようこそ洞窟修道院へ!
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/6218/
貂主の国
http://blog.goo.ne.jp/north_eurasia/

関連記事
二回目の八王子城巡りに行ってきました。搦め手側にも行きましたよ。あと最後に猿と遭遇!
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-646.html
各県のお城を紹介するシリーズの東京・埼玉編を手に入れました。新人物往来社『日本城郭大系』5 埼玉・東京
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-504.html
江戸時代の人びとにとって江戸はどう描かれたのか。千葉正樹『江戸城が消えていく 江戸名所図会の到達点』
http://xwablog.exblog.jp/8707031
江戸時代に埋葬された骨がいろいろな所から出てくるそのワケは? 鈴木理生『江戸の町は骨だらけ』
http://xwablog.exblog.jp/8630146
なんで江戸に幕府が出来たのかに答える。岡野友彦『家康はなぜ江戸を選んだか』(江戸東京ライブラリー9)
http://xwablog.exblog.jp/8401258
江戸東京博物館の常設展を見てきました。デカいし広いし充実してる。ディオラマいっぱい
http://xwablog.exblog.jp/8920330



「江戸城を歩く」
「図説江戸城その歴史としくみ 決定版―超巨大城郭の実像と知られざる内幕に迫る!」
「江戸の本づくし」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる