Entries

古地図を見ながら当時の江戸を解説する読み易い本。『どんな町? どう変わった? 江戸東京古地図』

どうも。紅ショウガ好きの馬頭です。
本日、とうとう洗濯機が壊れました。騙し騙し使ってましたが限界らしく、何度やっても途中で動作が終わってしまいます。しょうがないので、さっそく新しいの買ってきました。即日配送、ってあったから買おうと思ったのに実際には物がないらしく、結局日曜日に配送ということになりました。古いのは金払って引き取ってもらう。
それにしても困ったのは、洗濯機を移動するために、通路を綺麗にしないといけないということ。現在私の部屋はどこもかしこも本だらけで、足の踏み場も無いどころか「BLAME!」のメガストラクチャーみたいな積層構造体になりつつあるという状態なんで、これをどうするかが悩みどころ。あと四日のうちになんとかしないと・・・

それはともかく。
この前、江戸城巡りの時に情報仕入れておこうと思って借りておいて、結局行く前に読めなかった本ですが、先日読みました。

『どんな町? どう変わった? 江戸東京古地図』

『どんな町? どう変わった? 江戸東京古地図』

(幻冬舎。監修/正井泰夫。編著者/インターナショナル・ワークス。2004年。1000円。96ページ)
其の一 江戸の交通と都市計画
其の二 地名と江戸の歴史
其の三 江戸の産業と風俗
其の四 江戸の名所とその発祥
江戸・東京 古地図年表


江戸の古地図を見せながら、その地勢や機能・歴史的経緯などを解説しています

いやー、これやっぱり行く前に読んでおくべきでした。凄い面白かったです。
江戸時代の古地図と、現在の地図を並べて、そこがどういう場所であったのかを歴史を辿りつつ紹介してて、その町の名前の由来とかがまさに江戸時代にあったのがはっきりわかってきます。まさに土地に歴史有り、って感じでしょうか。
そして、江戸の風俗がわかる上に、江戸がどれほど凄い町だったのかもわかってきます。地図が見てて楽しいですし、各地図ごとに1ページ程度の解説も読み易くていいです。

参照サイト
幻冬舎
http://www.gentosha.co.jp/
古地図 goo地図
http://map.goo.ne.jp/history/index.html
地図(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E5%9B%B3

関連記事
前々からやりたいと思っていた江戸城巡りをしてきました。靖国神社も初参拝
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-737.html
江戸時代の人びとにとって江戸はどう描かれたのか。千葉正樹『江戸城が消えていく 江戸名所図会の到達点』
http://xwablog.exblog.jp/8707031
江戸時代に埋葬された骨がいろいろな所から出てくるそのワケは? 鈴木理生『江戸の町は骨だらけ』
http://xwablog.exblog.jp/8630146



「東京今昔歩く地図帖―彩色絵はがき、古写真、古地図でくらべる」
「浮世絵と古地図でめぐる江戸名所散歩」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる