Entries

ナスカの地上絵でおきた不可解な墜落死とは・・・!? 加藤元浩『C.M.B. 森羅博物館の事件目録』第16巻

どうも。馬頭です。
自転車を整備したのにすぐにまたブレーキとかが緩くなってしまい、かなり危険なことに。その状態の自転車を会社の同僚に貸したんですが、足でブレーキかけないと危ないって言うの忘れてたら、「先に言ってください」って言われた。

それはともかく。

C.M.B. 森羅博物館の事件目録』第16巻_加藤元浩

『C.M.B. 森羅博物館の事件目録』第16巻

(加藤元浩。講談社。2011年。390円。)
「ペルー・ナスカの地上絵で起きた不可解な死体。それは森羅が会う予定だったサイード博士だった。彼はこの何も建物がない土地で、『墜落死』していたのだった。だがサイード博士の死亡推定時刻にこの上空を飛んだのは森羅たちの乗った飛行機しかなく・・・」


幼稚かと思えば異常に博識な少年・森羅が、さまざまな謎を解いていく、「CMB」の16巻です。

今回はナスカの地上絵で起きた不自然死についての話「ナスカの地上絵」、バリ島の魔女にちなんだ殺人の話「レヤック」、体育祭の準備のために学校に残っていた生徒たちに起きた珍騒動「学校の七不思議」、中東の先端が曲がった短剣についての話「クファンジャル」の四話が収録。
「ナスカの地上絵」はちょっと無理があるかと思ったトリックですが、「レヤック」の方はこの作家さんらしいいい作品でしたね。

この漫画は歴史ジャンルとはちょっと違うかなー、と思って、カテゴリ分けを別にしてみました。

参照サイト
『C.M.B. 森羅博物館の事件目録』(wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/C.M.B._%E6%A3%AE%E7%B
E%85%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8%E3%81%AE
%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E7%9B%AE%E9%8C%B2
東方の三博士(wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%96%B9%E3%81
%AE%E4%B8%89%E8%B3%A2%E8%80%85
ナスカの地上絵(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%81%AE%E5%9C%B0%E4%B8%8A%E7%B5%B5
レヤック(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%A4%E3%83%83%E3%82%AF

関連記事
泥を固めた紐で封印された壷の中身が消えた謎を解明する。加藤元浩『C.M.B. 森羅博物館の事件目録』第12巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-577.html
森羅博物館にようこそ。『C.M.B.』第1巻を買った時の記事
http://xwablog.exblog.jp/7457151
どれもが素晴らしきヴンダーカンマー。加藤元浩『C.M.B. 森羅博物館の事件目録』第7巻から第10巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-171.html



「魔女ランダ考―演劇的知とはなにか」
「ナスカ地上絵の謎―砂漠からの永遠のメッセージ」
「ルネサンス文化史-ある史的肖像」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ     →web拍手・コメントはこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる