Entries

ロシア文学の名作を漫画化。とある家族の愛憎と苦悩を描く。及川由美&ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』第1巻

お疲れさまです。馬頭でございます。
今日はまたカレー屋いったんですが、そこの店員さんと原発の話しました。どうやらここらへんのカレー屋仲間の人たちもインドに帰ったりしてるそうです。やっぱり怖いらしい。英語のやインドのや、外国のニュースだとかなり大きく騒いでやばいやばいと言ってるらしい。
ちなみにそこの店の人はネパールの人だそうですが、誰も帰ってないとのこと。
そういや、会話は日本語でしてましたが、ちょっと難しい言い回しとかは通じにくいので、なるべく簡単で明確な言い方をしようとしてみましたが、そういうの結構難しいですね。故郷は山岳部なのか都市部なのか、それとも南部の平野部なのか聞こうとしたんですが、私が「ネパールって山の国だよね」みたいなことを言ったと思われて「ハイハイ、そうですよー」とスルーされた感じです。今度話す時のために、ちゃんと地方名とか都市名とかおぼえておこう。

それはともかく。

及川由美&ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』第1巻

『カラマーゾフの兄弟』第1巻

(及川由美。原作/ドストエフスキー。幻冬舎。バーズコミックススペシャル。2010年。667円。256ページ)
「19世紀のロシア。スコトプリゴニエフスクに十数年振りに帰郷したカラマーゾフ家の三男アレクセイ。しかし、修道士になりたいと思っていた純粋な青年である彼は、好色で強欲な父フョードル・カラマーゾフが、長男ドイートリィと財産を巡り争っているのを知り困惑する。また次男イワンをも巻き込んで女性問題をも抱えていた。ギスギスとした家族たちの関係はアレクセイを悩ませるのだが・・・」


ドストエフスキーの傑作「カラマーゾフの兄弟(Братья Карамазовы)」(1880年刊行)を漫画化した作品です。連載はwebコミック「GENZO」。この前紹介した「エリュシオン」とか、あと「ぼんたん!」や「Under the Rose」も連載してるweb漫画雑誌ですね。

奔放な長兄、クールで知的な次兄、純真で信心深い三男と、好色・強欲・言いたいことを言いまくる俗物の彼らの父、という悪名高いカラマーゾフ家。そして彼らを取り巻く人物たちのどうしようもないほど不器用な生き様を描く作品。
2006年に光文社から亀山郁夫氏による新訳が出て、ベストセラーになったりもしましたね。
この漫画化ではちょっとガサっとした画風で作品の世界観をいい感じに出してて、ちょっと軽いノリのやりとりを入れたりもしながらも、とても良くキャラクターたちを描いています。
1巻ではアレクセイがリーザから手紙を貰って読むところまでやってます。
大変面白いし、雰囲気出してていい漫画化だと想います。

参照サイト
webコミックGENZO
http://www.gentosha-comics.net/genzo/
カラマーゾフの兄弟(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BE%E3%83%95%E3%81%AE%E5%85%84%E5%BC%9F

関連記事
ロシア絵画を見にBunkamuraまで行ってきました。「国立トレチャコフ美術館展 忘れえぬロシア」。目玉は「忘れえぬ女」です
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-88.html
19世紀ロシアにおける思考状況。ダニエル・P・トーデス『ロシアの博物学者たち ダーウィン進化論と相互扶助論』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-4.html
一裁判官の人生と死の訪れを描く。トルストイ『イワン・イリッチの死』
http://xwablog.exblog.jp/8773618
ロマノフ朝の通史となっている一冊。土肥恒之『興亡の世界史14 ロシア・ロマノフ王朝の大地』
http://xwablog.exblog.jp/10539088



「カラマーゾフの兄弟 (マンガで読む名作)」。「カラマーゾフの兄弟」で漫画化されてるのは他にはこれだけみたいですね。もっと昔のならまだあるかもしれませんが。
「カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)」。この亀山郁夫版のはかなり誤訳があると言われているのでどうなんでしょうか。
「カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)」。これは新潮の原卓也版。あと岩波の米川正夫版も今なら普通に買えるみたいです。絶版ものなら他にもあります。



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる