Entries

四世紀のエジプトでキリスト教徒に迫害された女天文学者ヒュパティアを描く。スペイン映画『アレクサンドリア』

どうも。馬頭です。
友達と花見してきました。どこも満開でいいですよね。会社終わってからだったんで遅れていったせいか、あんまり飲んだり話したりできなかったです。あと、やはり震災後のはじめて友達と会ったので、震災・原発の話がほとんどだった。リビアの話もしたかったな。
そういや、昼に花見ってやったことなかったから、今度はしてみたい。

それはともかく、速水さんが紹介しててはじめてやってるのを知った映画「アレクサンドリア」を見てきました。

スペイン映画『アレクサンドリア』

『アレクサンドリア』
(スペイン映画。監督/アレハンドロ・アメナーバル。出演/レイチェル・ワイズ、マックス・ミンゲラ、サミ・サミール、オスカー・アイザック、ルパート・エヴァンス、他。2009年公開。2011年日本上映。127分。)
「四世紀末のエジプト。ローマ帝国統治下のアレクサンドリア。伝統宗教を攻撃してくるキリスト教徒がのさばり、古い信仰を守る市民たちが危機感を持つ中、神像がある街の広場で両者の衝突が起きてしまう。新プラトン主義の哲学学校で教える女教師ヒュパティアは、これに参加することに反対するが、参加してしまった父が重傷を負ってしまう。そして追いつめられた人々は、アレクサンドリア図書館に逃げ込むのだが・・・」


4世紀末のエジプトの都市アレクサンドリアで起きた古代宗教やユダヤ教たちとキリスト教徒との動乱を描いた話。主人公は女天文学者・数学者・哲学者であるヒュパティア。主演は「スターリングラード」や「ハムナプトラ」のレイチェル・ワイズ。原題は「AGORA(アゴラ。広場)」。

ローマ帝国ではキリスト教が公認され、勢力を拡大させていましたが、エジプトのアレクサンドリアはアレクサンドリア図書館に象徴される古代から続く学問体系が発展していました。こうした「異教」の人たちはキリスト教徒たちの傍若無人な行いを苦々しく思っていましたが、ついに衝突が起きてしまいます。そしてあまりにも多数になっていたキリスト教徒と強硬派のキュリロス司教に対抗できなくなり、図書館は破壊され、市の支配層も改宗するようになってしまいます。
この街の哲学者でアレクサンドリア図書館の最後の館長テオンの娘ヒュパティアは、学校で青年たちに数学や天文学などを教えていましたが、こうした動乱に巻き込まれ、困難に見舞われてしまいます。また生徒たちもその社会的変化の中でそれぞれの立場と想いからヒュパティアに関わってくることになります。また、ヒュパティアの家の奴隷である青年ダオスは、ヒュパティアへの秘かな想いを抱き、苦悩します。
歴史モノとしても、人間ドラマとしても、大変楽しめる作品でした。
歴史的経緯などはある程度改変してるようです。図書館破壊は391年ですが、テオンの死は405年、ヒュパティアが死亡したのは415年だったりとか。
この話で危険な宗教指導者として登場するキュリロスですが、431年のエフェソス公会議でネストリウスを攻撃して異端にした人ですね。

映画『アレクサンドリア』予告編

今、東京では新宿と有楽町でしか上映してないです。しかも1日二回の上映みたいですし。当日の昼に行ったのですが、結構お客が入ってました。おじいさんばっかりだったけど。

この映画、エジプトで革命起きてた時に上映してればよかったのに。

レイチェル・ワイズの父親は、ユダヤ系ハンガリー人だそうです。
ダオス役のマックス・ミンゲラは、「イングリッシュ・ペイシェント」や「コールドマウンテン」の監督アンソニー・ミンゲラの息子だそうで、なんか東洋っぽい顔かと思ってたら、お母さんは香港の人みたいです。
あとアレクサンドリア市長官になったオリアレスの役のオスカー・アイザックは、この前見た「ロビンフッド」でジョン王やってた人だった。気付かなかった。

参照サイト
アレクサンドリア 公式
http://alexandria.gaga.ne.jp/
アレクサンドリア(映画)(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A2_%28%E6%98%A0%E7%94%BB%29
ヒュパティア(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%91%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2
アレクサンドリア(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A2

関連記事
壊滅した第9軍団の七人の生き残りが辺境の荒野を駆け続ける・・・。ニール・マーシャル監督『センチュリオン』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-712.html
レバノン侵攻の時の記憶を失っていた男が過去を探る中で・・・。アリ・フォルマン監督『戦場でワルツを(Waltz with Bashir)』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-619.html
1458年に行われた教皇選挙を題材にした映画。クリストフ・スクルーイ監督『CONCLAVE(コンクラーベ) 天使と悪魔』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-353.html
17世紀スペインの剣客の生き様を描くヴィゴ・モーテンセン主演のスペイン映画。『アラトリステ』(スペシャル・エディション)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-166.html



「男装の科学者たち ヒュパティアからマリー・キュリーへ」
「ハムナプトラ2/黄金のピラミッド」
「天地明察」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる