Entries

「漱石とその仲間たち」って感じの面白エピソードがいっぱい! 香日ゆら『先生と僕 夏目漱石を囲む人々』第2巻

どうも。綿棒派の馬頭です。
この前、おへそを掃除しすぎると炎症になるってのは俗説だって聞いたんですが、調べるとみんな腹膜炎とかになるって言う。どっちなんだ。あと、オイル付けてって人がいるけど、それって滑って取れなさそうな。

それはともかく。

香日ゆら『先生と僕 夏目漱石を囲む人々』第2巻

『先生と僕 夏目漱石を囲む人々』第2巻

(香日ゆら。メディアファクトリー。MFコミックス。2011年。714円。126ページ)


「吾輩は猫である」などで知られる作家・夏目漱石と、彼の周囲にいる変人たちの変人っぷりを描く四コマ漫画の第2巻。先日出たばかりですが、いつも行ってる店ではすでに売り切れてたので、他の本屋まで探しにいくことに。

1巻読んだあと、すぐに買いに行きました。2巻も面白い。
この巻でのお気に入りエピソードは、帝大時代の京都旅行のやつでしょうか。若すぎる自分を思い出して赤面とか・・・可愛いじゃないか。あと、周りの人間ではやはり寺田寅彦がずば抜けて変ですね! 出番の多かった高浜虚子(変人)株も上昇中。

で、これが連載していたコミックヒストリアが休止ということになりましたが、どうやら「コミックフラッパー」で継続してくれるそうです。よかったよかった。

参照サイト
コミックヒストリア - Yahoo!コミック
http://comics.yahoo.co.jp/magazine/historia_0001.html
夏目漱石(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E7%9B%AE%E6%BC%B1%E7%9F%B3
コミックフラッパー
http://www.comic-flapper.com/

関連記事
夏目漱石は本人も周囲の人もみんな変人揃い。香日ゆら『先生と僕 夏目漱石を囲む人々』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-786.html
夏目漱石が「坊っちゃん」を書いたこととともに、時代背景をも描き出していく。関川夏央&谷川ジロー『『坊ちゃん』の時代 凛冽たり近代なお生彩あり明治人』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-718.html
しょうがないダメ人間・正岡子規に秋山真之を苦々しく思い・・・。橋本届『マイデイア 正岡子規と秋山真之』上巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-784.html
幕末の混乱に翻弄される武士と医師の物語。手塚治虫『陽だまりの樹』全8巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-440.html



「虞美人草」
「江戸から東京へ 明治の東京―古地図で見る黎明期の東京」
「自由人 マグカップ 自由奔放 SAN1858」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる