Entries

禁門の変でおおいに活躍してみせた新撰組だったのだが・・・。盛田賢司『月明星稀 さよなら新撰組(GETSU MEI SEI KI)』第8巻・第9巻

どうも。馬頭です。
昨日はせっかくの休日でしたが、膝が痛いのと、あと擦れた股間が痛いので自転車乗るのをちょっとお休み。
膝は大事にしろって言われてたのに、初日にやってしまうとはなんとマヌケな。

それはともかく。

月明星稀 さよなら新撰組(GETSU MEI SEI KI)』第9巻_盛田賢司

『月明星稀 さよなら新撰組(GETSU MEI SEI KI)』第9巻

(盛田賢司。小学館。ヤングサンデーコミックス。2006年。505円)
「1864年。禁門の変での活躍によって会津藩から褒美を貰った新選組だが、局長の近藤は何か心ここにあらずといった様子。隊長のひとり、武田観柳斎は近藤を持ち上げ、その威を借るような行為に出始める。近藤もそれを注意せず、不抜けた態度の近藤に対する不満は永倉新八たちを会津藩への建白書の提出という行動に出させることになるのだが・・・」


盛田賢司氏による土方歳三を主人公にした新撰組漫画を9巻まで読みました。

禁門の変での大活躍で会津藩から褒美を貰ったのはいいのですが、五番組組長の武田観柳斎がこの機に近藤勇にとり入り、同志のはずの新選組メンバーを、家臣扱いするようになったりと、専横しはじめることになってしまいます。近藤も立場上思った通りに尊皇攘夷を行動できず、考えることが多くてぼうっとしてて不抜けた感じに。遊女・駒野を身請けする話もあったりして、これを怒った永倉新八たちが会津藩主・松平容保に建白書を提出して非難するという事件が起きることになります。

武田観柳斎は、長沼流軍学(甲州流軍学)の兵法者として新選組で重用されてたけど、その軍学自体が時代の流れの中で遅れたものになって最後は新選組に暗殺されちゃった人。永倉の行動に調停役として行動するという話は無くなってて、軍師気取りの小賢しい人物として扱われています。
もともとこの事件は近藤勇が調子にのって武士みたいに行動して、隊士を家臣扱いしたから問題になったわけですが、だいたいの創作作品では近藤勇のかっこよさを損なわないために、いろいろと頭をヒネって理由付けしてます。悪いことはこの武田観柳斎に押し付ける傾向があったりしますね。でも、そういや「風光る」では武田は登場すらしなかったな。

これでこの漫画もあと1巻で完結ですが、どうやら話を聞くと最後は打ち切り的な終わり方とか。10巻買うべきかどうか。レアで本屋でも見つからないし、見つかったらでいいか。

参照サイト
【ヤンサンWEB】-作家情報-盛田賢司
http://www.youngsunday.com/rensai/sakka/morita.html
土方歳三(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E6%96%B9%E6%AD%B3%E4%B8%89
禁門の変(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%81%E9%96%80%E3%81%AE%E5%A4%89
武田観柳斎(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E8%A6%B3%E6%9F%B3%E6%96%8E

関連記事
先が気になって30冊近く一気に読んでしまいました。渡辺多恵子『風光る』第3巻から最新第29巻まで
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-850.html
京都での新選組の活躍と騒動の中で土方は武士とは何かを考えるようになり・・・。盛田賢司『月明星稀 さよなら新撰組(GETSU MEI SEI KI)』第2巻から7巻まで
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-831.html
武士であるということの覚悟を知った青年の成長の物語。盛田賢司『月明星稀 さよなら新撰組(GETSU MEI SEI KI)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-91.html
池田屋事件までを描く無印PMの5巻まで。黒乃奈々絵『新撰組異聞 PEACE MAKER(ピースメーカー)』第3巻から5巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-640.html



「禁門の変と大山崎―天王山の十七烈士」
「甲州流兵法―信玄流兵法」
「黒田三十六計」8巻



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる