Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ子供の沖田は藩の剣術指南を倒してしまったがために・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第1巻

こんばんは。馬頭です。
また今年も東京国際ブックフェアの招待状が届いたけど、行けるかなぁ。もう何年も行ってないや。仕事では行かせてもらえないだろうから、もし行くなら10日に行くことになるか。

それはともかく。また新選組です。新選組ブームが来てる。自分内で。

アサギロ(浅葱狼)』第1巻_ヒラマツ・ミノル

『アサギロ(浅葱狼)』第1巻

(ヒラマツ・ミノル。小学館。少年サンデーコミックスゲッサン。2009年。438円。)
「奥州白河藩剣術指南番の村上は、家老の命で同じく白河藩の足軽の弟でたいそう腕が立つと言われる12歳の子ども・沖田惣次郎と試合をすることになる。しかし、子供と侮っていた惣次郎は異様に強く、敗れた村上は面目を失ってしまう。切腹することとなった村上は、当の惣次郎に介錯を頼むのだが・・・」


「ヨリが跳ぶ」のヒラマツミノル氏による新撰組漫画です。主人公はまだ子供の沖田総司。

新選組漫画というか、沖田宗次郎の漫画って感じでしょうか。1巻では白河藩の剣術指南番を御前試合で負かしてしまって、大変な問題になってしまいます。沖田も利発とは言いがたいキャラでして、剣術の強さばかりが先走ってしまっている感じです。子供だからというよりそういう性格だから事態をより悪化させてしまいます。これを助けに来る近藤勇も変なキャラになってまして、味のある話となっています。ヒラマツミノル氏の描く作品のキャラクターは、こういう愚鈍ともひたむきともいえる一直線キャラクターが多いですよね。
連載は「ゲッサン」。現在3巻まで出てますが、やっと土方と出会ったあたりみたいです。沖田の子供時代がメインってことかな?

参照サイト
小学館コミック -ゲッサンWEB-
http://gekkansunday.net/top.html
ヒラマツ・ミノル(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%83%AB
沖田総司(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E7%94%B0%E7%B7%8F%E5%8F%B8
白河藩(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E6%B2%B3%E8%97%A9

関連記事
先が気になって30冊近く一気に読んでしまいました。渡辺多恵子『風光る』第3巻から最新第29巻まで
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-850.html
禁門の変でおおいに活躍してみせた新撰組だったのだが・・・。盛田賢司『月明星稀 さよなら新撰組(GETSU MEI SEI KI)』第8巻・第9巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-851.html
新撰組から脱走した男を追う一行に吉村も加わるが・・・。浅田次郎&ながやす巧『壬生義士伝』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-276.html
復讐のために新撰組に入った少年が戦うことでもたらすものを知り・・・。『手塚治虫名作集11 新選組』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-92.html



「ヨリが跳ぶ 始動篇」1巻
「図説狙撃手大全」
「宣教師ニコライと明治日本」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。