Entries

京都に来てそうそうに行き詰まってしまった試衛館の面々だが・・・。山村竜也&蜷川ヤエコ『アサギ 新撰組刃義抄』第1巻

web拍手レス
>各々の記事とは関係ないのですが、馬頭さんはアマゾン派なのでしょうか?
>普通の本屋で購入することは少ない?
いえ、むしろamazonで買うことは稀です。ほとんどが書店です。やっぱ中を見てから買いたいですし、そっちの方が早いし、あと受け取りが面倒ですからね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも。馬頭です。
今はまだ涼しいくらいですが、これから暑くなるんでしょうねー。私の部屋は本がありすぎて狭いのですが、そのせいでクーラーかけるとすぐに冷えてくれます。でも、逆に止めるとすぐに暑くなってしまうので困りものです。

それはともかく。

『アサギ 新撰組刃義抄』第1巻_山村竜也&蜷川ヤエコ。構成協力・町田一八

『アサギ 新撰組刃義抄』第1巻

(山村竜也&蜷川ヤエコ。構成協力・町田一八。スクウェア・エニックス。ヤングガンガンコミックス。2009年。533円。214ページ)
「1863年・幕末。不逞浪士らにより混乱を極める京都。将軍のために京都までやってきた近藤勇ら浪士たちだったが、江戸に戻った同志だった清河八郎と訣別し京都に残っていた。当て所もない現状から脱するため、会津藩に雇って貰おうと、藩邸まで行くも必要無いと断られてしまう。そこで、二条城へ登城する会津藩主・松平容保の一行を勝手に護衛することにした試衛館の面々だが・・・」


またも新撰組漫画です。「ヤングガンガン」で連載されている作品。原作は歴史本の作家で、NHKの大河ドラマ「新選組!」など時代劇で時代考証などもしていた山村竜也氏。この人は新選組を題材にした作品が多いそうです。作画は「天保異聞妖奇士」や「モノノ怪」のコミカライズも担当されている蜷川ヤエコ氏。

沖田総司が主人公的立場のストーリーで、天才的剣士である彼が、剣の腕にて自分の存在意義を証明しようと戦う姿を描きます。彼と対照的な存在であり、やはり剣豪である岡田以蔵とはライバル関係として描かれ冒頭の話から沖田と以蔵は戦うことになります。
現在も連載中で、5巻まで出ています。いわゆる「イケメン歴史モノ」ともいえる話で、最近は話がいまいちだったので読んでなかったのですが、読みなおすと意外といいですね。絵も上手いし。

参照サイト
蜷川ヤエコ(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9C%B7%E5%B7%9D%E3%83%A4%E3%82%A8%E3%82%B3
山村竜也(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9D%91%E7%AB%9C%E4%B9%9F
ヤングガンガン YOUNG GANGAN OFFICIALSITE
http://www.square-enix.co.jp/magazine/yg/
京都守護職(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%AE%88%E8%AD%B7%E8%81%B7

関連記事
隊士たちの生き様がかっこいい新撰組漫画。赤名修『ダンダラ(DAN-DARA)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-854.html
まだ子供の沖田は藩の剣術指南を倒してしまったがために・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-853.html
禁門の変でおおいに活躍してみせた新撰組だったのだが・・・。盛田賢司『月明星稀 さよなら新撰組(GETSU MEI SEI KI)』第8巻・第9巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-851.html



「幕末人物エッセイコミック 幕末魂!」
「新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX」
「フランスをつくった王ーシャルル7世年代記」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる