Entries

御三卿・清水家の当主・斉道と自由奔放な娘のかなわぬ恋の物語り。宇江佐真理&八咫緑『雷桜(らいおう)』漫画版

どうも。馬頭です。
いつの間にか池袋のすき家の片方が改装中で閉まり、もう片方も店内レイアウトが変わっていた。やはり行くことが少なくなったのですね。

それはともかく。

宇江佐真理&八咫緑『雷桜(らいおう)』漫画版

『雷桜(らいおう)』

(宇江佐真理&八咫緑。角川書店。あすかコミックスデラックス。2010年。560円。175ページ)
「江戸時代。御三卿・清水家の当主である清水斉道はうつけ者として知られていた。そんな彼の暴挙を止めた庄屋の息子・瀬田助次郎は、取り立てられ彼に仕えるようになる。そして斉道は、助次郎の妹・遊と出会うことになるのだが・・・」


映画化もされた人気小説「雷桜」のコミカライズ作品です。作画は八咫緑(やたみどり)氏。

御三卿のひとつ清水家の当主・斉道と、彼の家臣の妹・遊との身分違いの道ならぬ恋を描きます。
斉道は架空の人物ですが、清水家は斉道と同じく、御三家の紀州徳川家へ藩主として入っている当主・斉順と斉彊を出しています。徳川斉順は将軍・徳川家茂の父親ですね。
映画化は2010年で、この年は「武士の家計簿」とか「十三人の刺客」とか、時代劇が多くキャンペーンもはられています。
原作者の宇江佐真理氏は、髪結い伊三次捕物余話シリーズなどの作者で時代劇を多く書いているようです。

参照サイト
映画 雷桜 公式サイト
http://raiou.jp/index.html
月刊 Asuka | 角川書店・角川グループ
http://www.kadokawa.co.jp/mag/asuka/
御三卿(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E4%B8%89%E5%8D%BF
清水徳川家(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6

関連記事
加賀藩にやってきた徳川の姫様が金沢の街で大暴れ! 大西巷一『おてんば珠姫さま!』第1巻と第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-648.html
先が気になって30冊近く一気に読んでしまいました。渡辺多恵子『風光る』第3巻から最新第29巻まで
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-850.html
それは数百年前の戦いに遡る、悲しき願いと決意のはじまりの物語。宇河弘樹『朝霧の巫女』第7巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-715.html



「雷桜」文庫版。
「雷桜」blu-ray版。
「十三人の刺客<Blu-ray>通常版」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる