Entries

新選組に危険な男・伊東甲子太郎がやってきて・・・。盛田賢司『月明星稀 さよなら新撰組(GETSU MEI SEI KI)』第10巻(完結)

サクランボ好きです。あんま買えませんが。でも、この前買ってきたやつは、食べる機会を逃して冷蔵庫の中に放置してたら、カビだらけになってしまいました。冷蔵庫、なんか一定の時間止まるんですよね。大丈夫かな。
ちなみに、サクランボはヨーグルトと一緒に食べるのが流行ってます。私の中で。

それはともかく。

月明星稀 さよなら新撰組(GETSU MEI SEI KI)』第10巻_盛田賢司

『月明星稀 さよなら新撰組(GETSU MEI SEI KI)』第10巻

(盛田賢司。小学館。ヤングサンデーコミックス。2006年。505円)
「江戸に戻った近藤勇たち。そこで出会った北辰一刀流の道場の主・伊東甲子太郎は、女のような風貌と勤王の強い意思を持つ強烈な人物で、彼の新選組への加盟を近藤は大いに喜ぶことに。しかし、その目的は近藤とは少し違っていたのだが・・・」


土方歳三を主人公にした新撰組漫画の最終巻です。残念ながら中途半端なところで終わっています。

新選組の新隊士を募集するため江戸へ行った近藤勇。先に来ていた藤堂が紹介したのは、北辰一刀流の達人にして、勤王の論客、伊東甲子太郎でした。女と見紛うばかりの外見ですが、熱烈な勤王・尊皇攘夷派で、佐幕の近藤に同調しつつも、すでに幕府を見限っている危険人物で、京都に連れて行くことでいろいろと問題が起きます。
自分の派閥を作り、暗躍しはじめる伊東。彼の態度や行動に違和感を覚える土方なのですが、そうした中で彼の士道が再確認されていきます。

とまあ、二人の対立が明確になってくる中で、物語はいきなり終わってしまいます。打ち切り? 面白いのに人気なかったのかな?
それにしても、漫画などで伊東甲子太郎はなんかオカマっぽくなったり女性的になったりしてるキャラ付けが多いような気がする。

参照サイト
【ヤンサンWEB】-作家情報-盛田賢司
http://www.youngsunday.com/rensai/sakka/morita.html
土方歳三(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E6%96%B9%E6%AD%B3%E4%B8%89
伊東甲子太郎(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E6%9D%B1%E7%94%B2%E5%AD%90%E5%A4%AA%E9%83%8E

関連記事
禁門の変でおおいに活躍してみせた新撰組だったのだが・・・。盛田賢司『月明星稀 さよなら新撰組(GETSU MEI SEI KI)』第8巻・第9巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-851.html
京都での新選組の活躍と騒動の中で土方は武士とは何かを考えるようになり・・・。盛田賢司『月明星稀 さよなら新撰組(GETSU MEI SEI KI)』第2巻から7巻まで
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-831.html
武士であるということの覚悟を知った青年の成長の物語。盛田賢司『月明星稀 さよなら新撰組(GETSU MEI SEI KI)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-91.html
戦う覚悟を持って戦い続ける決意の集団の生き様。宮崎克&乾良彦『新選組黙示録』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-868.html
先が気になって30冊近く一気に読んでしまいました。渡辺多恵子『風光る』第3巻から最新第29巻まで
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-850.html



「北走新選組」
「鴉 KARASU」3巻。
「新撰組顛末記」永倉新八が書いた本。



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる