Entries

ジョルジュ・サンドの「愛の妖精」を舞台や筋などを少し変えて作った作品。しかくの『ラ・プティット・ファデット』

友達に「風光る」をあげようということになって箱詰めしてたんですが、ちょっとだけ読み直したら止まらず、結局最新の30巻まで全部読みなおしてしまったという馬頭です。
この調子ですので、部屋の片付くはずもなく・・・

それはともかく。

ラ・プティット・ファデット_しかくの&ジョルジュ・サンド

『ラ・プティット・ファデット(La Petite Fadette)』

(しかくの。原作/ジョルジュ・サンド。東京創元社。2009年。780円。238ページ)
「20世紀初頭のヨーロッパのとある農村で、富農の息子として生まれた双子、シルヴィネとランドリー。二人は分かちがたい強い絆で結ばれ、健やかな少年たちとして育ったが、ある年の雹の被害で生活が苦しく、どちらか片方を奉公人に出さなければならなくなってしまった。兄弟のうち、繊細な兄シルヴィネにそうしたことは無理だと思った弟ランドリーは、自ら奉公に出ると言い・・・」


19世紀に活躍したフランス女流作家・ジョルジュ・サンドの作品「La Petite Fadette(愛の妖精)」を原案にして、20世紀初頭を舞台にしてミステリー仕立てで作り直した漫画です。作家は、しかくの氏。「ミステリーズ!」に連載されたそうです。

原作の初版は1849年で、原作の舞台は19世紀初頭だったのですが、この漫画では20世紀初頭と100年ずらしてあります。
双子の兄弟が主人公で、ファデットという村の中で独特な存在の少女と関わりながら、小さな共同体の中で成長していく田園小説、という内容は同じです。(とはいっても私は原作読んだことないですが)
なにげなく買って読み始めた漫画ですが、キャラクターたちを活写し、情景をも鮮やかに描く画力にぐいぐい引きこまれていきました。一冊で完結してます。オススメ。

参照サイト
ミステリ・SF・ファンタジー・ホラー|東京創元社
http://www.tsogen.co.jp/np/index.html
愛の妖精(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E3%81%AE%E5%A6%96%E7%B2%BE
ジョルジュ・サンド(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89
ラ・プティット・ファデット(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%88
しかくの,シカクノ|東京創元社
http://www.tsogen.co.jp/np/author/1635

関連記事
可愛すぎるショパンと変人ばかりの音楽家たち。このショパンは萌える。桃雪琴梨『僕のショパン』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-849.html
19世紀後半のパリを訪れた日本人少女と人々の出会いの物語。武田日向『異国迷路のクロワーゼ』第1巻と第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-691.html
メイドと金持ちの息子。19世紀のイギリスで身分違いの二人の男女の恋の物語。森薫『エマ』全10巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-98.html
アンナが夫の愛人・マリーの家へ行きたいと言い出して・・・。船戸明里『Under the Rose(アンダー・ザ・ローズ)』第6巻 春の賛歌
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-77.html



「愛の妖精」
「月蝕島の魔物」。田中芳樹氏は今はこんなの書いてたんだ。いろいろやるなぁ。ディケンズが主人公。
「ARAKURE あらくれ」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる