Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あてどもない東京歩きがそのままエッセイ漫画になった。「じゃらん」の連載が単行本に。モリナガ・ヨウ『東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT』

お疲れ様です。馬頭です。
一昨日と昨日はカレーでした。日曜に食べることになるのはわかっていたのですが、チーズナンが食べたくてついつい土曜にも。夏に食欲がなくなるという人もいますが、私はむしろ食欲がUPしてしまいますね。よくないなー。

それはともかく。

モリナガ・ヨウ『東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT』

『東京右往左往―TOKYO GOING THIS WAY AND THAT 』

(モリナガ・ヨウ。大日本絵画。2006年。2800円。96ページ)
序文 オチのない東京観光へ出発
其の壱 東京迷所案内
其の弐 東京23区/最初は西の方から
其の参 東京西部(1)/もっと西へ行ってみる
其の四 東京23区/南へおりてみると・・・
其の五 東京西部(2)/さらに西の奥へ
其の六 東京23区/山手線の東側方面
其の七 東京23区/だいたい北の方
其の八 東京ヘンな場所、怪しい所
其の九 その他の東京
其の十 10年ぶりの右往左往


「じゃらん」という旅行専門雑誌で1996年~1999年にかけて連載された、東京を歩いて回って、そのレポートを絵にしていく、という企画連載ものの単行本です。
作者はあのモリナガ・ヨウ氏!

毎回1ページに、カラーのエッセイ漫画・イラストを載せてて、東京各地に繰り出した時のことを綴っています。同行者は編集プロの人・飯村チナ氏。
内容はまさに序文のサブタイトルのとおりで、「オチ」がないその場その場で思ったことなど、発見したことなどを描いただけのものなんですが、これがむちゃくちゃ面白い。
なんだかマネしていろいろ行ってみたくなりました。とはいっても、今、私の膝は故障中。というか、あのあとより酷くなったような気がします。違和感まだあるし、立ってるだけで痛みがあったりとかも。ほんと、これどうなるんだろうかと不安になります。あと半月で治るのか? ロード一回乗って膝壊して以後乗れないとかって、ほんとしょーもないよな・・・。

ちなみに「じゃらん」自体の出版社は、リクルートです。もともとは「エイビーロード」の国内部分だけを切り離して作った雑誌だそうです。

参照サイト
[電脳マルモ工房]
http://marumo.oops.jp/
じゃらんnet
http://www.jalan.net/
じゃらん(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%98%E3%82%83%E3%82%89%E3%82%93
東京の観光:旅行者
http://www.kanko.metro.tokyo.jp/
東京(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC

関連記事
板橋の氷川町氷川神社に立ち寄ってみました
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-888.html
古地図を見ながら当時の江戸を解説する読み易い本。『どんな町? どう変わった? 江戸東京古地図』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-740.html
前々からやりたいと思っていた江戸城巡りをしてきました。靖国神社も初参拝
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-737.html



「モリナガ・ヨウの土木現場に行ってみた!」
「不屈の弾道」
「魔乳秘剣帖 ディレクターズカット版 」blu-ray版第1巻。



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。