Entries

冷戦時代のアフリカの独裁国家で歴戦の傭兵たちが活躍する。ジェイムズ・マギー『傭兵部隊』

馬頭です。貧乏とは死ぬことと見つけたり。

それはともかく。

ジェイムズ・マギー『傭兵部隊』

『傭兵部隊』

(ジェイムズ・マギー。訳/冬川亘。二見書房。二見文庫。1992年。733円。517ページ)
「西アフリカの独裁国家ルガンバ。現地在住のイギリス人であるホルトは、ある夜、黒人兵士たちの襲撃を受け連れ去られてしまう。それは彼によって批判されたマバト大統領の指図だった。英国はマバトにホルトの解放を要求するが、逆に無茶な要求をされてしまう。こうして英国は極秘に傭兵たちを雇い、ルガンバへと派遣することになるのだが・・・」


西アフリカにあるとする架空の国ルガンバで拘束されてしまったイギリス人を救出するため、英国が傭兵を雇う、という話。

原作は「TRIGGER MEN」という原題の作品で、作者は元銀行員の小説家。1985年に書かれた作品なので、東西冷戦を背景にした暗闘にしています。
キールをはじめとした歴戦の傭兵たちが、陰謀に巻き込まれつつ任務を遂行することになります。


「ラストキング・オブ・スコットランド」blu-ray

参照サイト
二見書房
http://www.futami.co.jp/index.php
傭兵(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%82%AD%E5%85%B5

関連記事
ヨーロッパ史と軍事の要点を的確に指摘した短著の傑作が文庫版になって出し直されました。マイケル・ハワード『改訂版 ヨーロッパ史における戦争』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-516.html
戦争に翻弄された1人の男の人生。三十年戦争が舞台の古典小説復刊。グリンメルスハウゼン『阿呆物語』全3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-372.html
縞々コスチュームがカッコいいと思えるなら適性アリ。バチカンのスイス人護衛兵創設500年記念
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-867.html



「自分でできる遺言書」
「FUJITSU ScanSnap S1500M FI-S1500M」
「アファーマティヴ・アクションの帝国―ソ連の民族とナショナリズム、1923年~1939年―」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる