Entries

太閤・秀吉亡きあと、古田は石田と徳川の両方と器用に付き合っていくのだが・・・。山田芳裕『へうげもの』第13巻

こんばんは。馬頭です。
池袋とらのあなの裏にあるオムライス専門店・神田たまごけんで久々にオムライスを食べていた時に思ったのですが、オムライス好きな人にはヒゲ生やしてる人が多いような気がします。

それはともかく。

へうげもの第13巻_山田芳裕

『へうげもの(ひょうげもの)』第13巻(13服)

(山田芳裕。講談社。モーニングKC。2011年。543円。)
「秀吉の死後、不満を抱く諸将を相手にしつつ徳川家康を倒す謀略を進める石田三成だったが、自分の側についてくれる者の少なさに人望の無さを痛感する。そこで、かつての借りを返してもらうべく、古田織部に大物大名の調略を依頼するのだが・・・」


戦国時代の武将にして文化人にして数寄者・古田織部の生涯を描く、奇妙キテレツな物語の第13巻です。

というわけで、秀吉死後の権力争いがさっそくはじまり、石田三成と徳川家康は互いに諸将を味方に引き入れようと、活発な運動をはじめます。
古田織部はというと、一応徳川方ということになっていますが、石田三成に高山右近の助命の借りを返す形で協力するなどしています。あの大谷吉継の逸話にも彼が絡んできてしまいますよ!
しかも、どうやら織部としては数寄をトコトンやれるというのなら、どっちでもいい、ということで、どちらにでも付けるようにする腹積もりのようです。
ついにはじまろうとする両派の決戦ですが、古田織部はどうしていくのでしょうかね~。
ちなみに、この漫画読み始めてからずっと、わざと彼の情報は入れないようにしてるので、どうなるのか未だ知りません。楽しみです。

そういや、アニメの方はやってるみたいですが見れてません。DVDが出たら見て見ようとおもいます。

参照サイト
へうげものofficial blog
http://hyouge.exblog.jp/
モーニング 講談社
http://www.e-1day.jp/morning/magazine/
NHKアニメワールド 「へうげもの」
http://www9.nhk.or.jp/anime/hyouge/
灯篭(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AF%E7%B1%A0
(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%85

関連記事
太閤・秀吉の最期が近づいてくる中、古田織部はそれでもなお・・・。アニメ化も間近。山田芳裕『へうげもの』第12巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-757.html
求める器のために危険を犯してまで朝鮮に渡り・・・。山田芳裕『へうげもの』第10巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-341.html
戦国時代の武将たちがマニア道を命がけで語るひょうげた漫画『へうげもの』は最高のかぶき者漫画
http://xwablog.exblog.jp/7239549
古田の野望は突き進むが不穏な状況になってきて・・・。山田芳裕『へうげもの』第11巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-527.html
加賀藩にやってきた徳川の姫様が金沢の街で大暴れ! 大西巷一『おてんば珠姫さま!』第1巻と第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-648.html



「へうげもの 八服」。講談社文庫から文庫版で出てます。この8巻で一応一旦ひと区切りにしてます。
「日本美術まんが 国宝トゥナイト The Quest For History」
「荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ

関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる