Entries

ダマスカスに生まれた子猫が異国の人に拾われて・・・。ヤマザキマリ『アラビア猫のゴルム』第1巻

どうも。馬頭です。
そういや、私の住んでるところの近くは結構浮浪者が多いんですが、なんとなく前に池袋近辺で行政による浮浪者排除があった以降に増えたような気がします。それじゃあ、ちょっと移動しただけなんじゃないのかな? 何も解決してないじゃん。

それはともかく。

ヤマザキマリ『アラビア猫のゴルム』第1巻

『アラビア猫のゴルム』第1巻

(ヤマザキマリ。講談社。ワイドKCKISS。2011年。667円。95ページ)



「テルマエ・ロマエ」のヤマザキマリ氏がダマスカスにいたころに飼いはじめた猫のゴルムについて描いた半エッセイ漫画。

この作家さん、夫が研究者で、世界各地をいろいろ行き来してるせいで、ポルトガルやらエジプトやらシリアやらアメリカやらに住んでたことがあります。そんなヤマザキ一家がダマスカスのアパートの下にいた猫一家の中のはぐれた子猫を飼うことになったのですが、一巻ではそれに至るまでの経緯や飼い始めの面白可愛い姿を描きます。猫視点で描いて、猫のモノローグが入ってたりします。

てか、よく考えたら、今シリアに住んでたらエライことになってたな、この人!

参照サイト
ヤマザキマリ・シカゴで漫画描き
http://moretsu.exblog.jp/
ネコ(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%B3
ダマスカス(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%B9

関連記事
皇帝に反発する元老院議員の陰謀がルシウスを狙い・・・。ヤマザキマリ『テルマエ・ロマエ』第3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-816.html
遊牧民型漫画家の世界各地での経験を語るエッセイ漫画。ヤマザキマリ『世界の果てでも漫画描き』第1巻 キューバ編
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-597.html
幼い息子は言った。ねえママ・・・この家ってフツーの人がひとりもいないよ? ヤマザキマリ『イタリア家族 風林火山』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-494.html



「テルマエ・ロマエ Ⅳ お風呂で読める「風呂マエ・ロマエ」付(仮) Amazon限定版」
「猫の歴史と奇話」
「世界の果てでも漫画描き(2)エジプト・シリア編」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ

関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる