Entries

マラーを暗殺したコルデーと彼女を処刑したサンソンの交流を描く話が凄く良かった。大西巷一『ダンス・マカブル 西洋暗黒小史』第2巻

どうも。最近なにかと理由をつけて外食したりいいもん喰ったりしようとする自分をなんとかしたいと思っている馬頭です。
今日は仕事頑張ったから自分ご褒美に栄養価高そうなの食い、仕事遅くなったから外食し、買い物がめんどくさいから店に入る、といった具合。これはいけないな・・・。

それはともかく。

ダンス・マカブル西洋暗黒小史第2巻_大西巷一

『ダンス・マカブル 西洋暗黒小史』第2巻

(大西巷一。メディアファクトリー。MFコミックス。2011年。590円。192ページ)
「1793年のフランス。革命の重要人物マラーを暗殺したシャルロット・コルデーは、革命裁判所から死刑判決を受ける。彼女を処刑するのはパリの死刑執行人シャルル=アンリ・サンソンだった。サンソンは死刑に臨んでも毅然とした態度を失わないシャルロットに感銘を受け、処刑場までの道すがら、彼女へ語りかけるのだが・・・」


西洋の歴史上に起きた残酷な出来事を描くシリーズ「ダンス・マカブル 西洋暗黒小史」の2巻が出ました。作者は「JOKER」や「曹操孟徳正伝」の大西巷一氏。

この巻には「聖なる怪物ジル・ド・レ」、「暗殺の天使と首切りの紳士」、「魔女狩り将軍」の3つの話が収録されています。
「聖なる怪物ジル・ド・レ」は、百年戦争でジャンヌ・ダルクが登場した時に活躍した貴族ジル・ド・レが、ジャンヌの死後に繰り返した狂気に満ちた残虐行為を描きます。
「暗殺の天使と首切りの紳士」は、フランス革命の巨魁ジャン=ポール・マラーを暗殺した女性シャルロット・コルデーと、死刑執行人シャルル=アンリ・サンソンが、ギロチン台のある場所までの短い間に語り合う話です。
「魔女狩り将軍」は、17世紀前半のイギリスで、「魔女狩り将軍」を名乗って魔女狩りを請け負い、多額の報酬を得た男、マシュー・ホプキンスの話。
ジル・ド・レは前後編、コルデーとサンソンは前中後編、ホプキンスは一話、という構成ですが、今回も全部むごたらしいシーンが満載でした。特にジル・ド・レが酷い。
コルデーとサンソンの話は三話ありましたが、処刑される者とする者が僅かな時間に互いを知り、心通じ合うかのような関係となっていく、非常にいい話でしたね。
あ、あとホプキンスの話は、最後助かるのかと思ってたのに・・・

コミックヒストリアでのネット配信で連載していたわけですが、ヒストリアがサービス終了ということでこのシリーズも2巻で完結のようです。
でも、今度、雑誌「まんがグリム童話」の10月号にマネット・ボヌールのことを描いた漫画を載せるそうですよ。

参照サイト
LA GROTTA ホーム - 大西巷一のホームページ
http://ohnishikoichi.jimdo.com/
巷にひとり在り 大西巷一公式
http://blog.livedoor.jp/koichi0024/
コミックヒストリア Yahoo!コミック
http://comics.yahoo.co.jp/magazine/historia_0001.html
ジル・ド・レイ(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4
シャルロット・コルデー(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%BC
シャルル=アンリ・サンソン(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%AB%EF%BC%9D%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3
マシュー・ホプキンス(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%97%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B9

関連記事
加賀藩にやってきた徳川の姫様が金沢の街で大暴れ! 大西巷一『おてんば珠姫さま!』第1巻と第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-648.html
残虐な拷問と処刑が溢れかえる歴史の闇の中で・・・。大西巷一『ダンス・マカブル 西洋暗黒小史』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-647.html
上野の国立西洋美術館でやっていた企画展「アウトサイダーズ」を見る。ジャック・カロの版画も有りました
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-730.html



「ダンス・マカブル」第1巻
「まんがグリム童話 」2011年 10月号。
「死刑執行人サンソン ―国王ルイ十六世の首を刎ねた男」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ

関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる