Entries

独ソのパイロットの運命が戦場で絡みあう! 1コマごとに魅せる骨太な航空戦バンド・デシネ。ヤン&ロマン・ユゴー『ル・グラン・デューク(Le Grand Duc)』

どうも。馬頭です。
先日、池袋のとらのあなに行くと、警官が店の前の道路を封鎖してました。どうやら店の前で中国人が刺される事件があったようですね。

それはともかく。

ヤン&ロマン・ユゴー『ル・グラン・デューク(Le Grand Duc)』

『ル・グラン・デューク(Le Grand Duc)』

(ヤン&ロマン・ユゴー。翻訳/宮脇史生。イカロス出版。2011年。2800円。158ページ)
「第二次世界大戦中、東部戦線で戦うルフトヴァッフェ(ドイツ空軍)の腕利き戦闘機乗りヴルフは、数多の敵機を撃ち落としていた。対するソ連軍は旧式の戦闘機で奮闘していたが、夜の魔女として夜間攻撃に従事する女性戦闘機乗りのひとり・リリアは、ナチを憎み抜き、どこまでも戦うつもりで・・・」


フランスの漫画バンド・デシネの作品で、第二次世界大戦の独ソの航空戦を描く「ル・グラン・デューク」の日本語版が発売になりました。原作はヤン、作画はロマン・ユゴー。速水さんがオススメしてたので買ってみたのですが、やけに推すなー、と思ってたら、オビに速水さんの推薦コメントが!(笑

この話は第2次世界大戦の東部戦線が舞台で、三部に分かれていて、時代は1943年末から1945年までです。ドイツ軍の戦闘機乗りだけど大のナチ嫌いのヴルフと、ナチを憎むソ連の女性パイロットのリリアが、敵として戦場で何度も出会い、不思議な縁で結ばれていく、という内容です。1巻で完結しています。ドイツ軍側とソ連軍側でそれぞれに物語が展開しながら、それが戦場で交わってひとつの物語になっていく構成は絶妙。骨太な物語に、全ページフルカラーの美麗な作画が合わさって、なんとも読み応えのある作品となっています。

参照サイト
イカロス出版
http://www.ikaros.jp/
真理省
http://d.hatena.ne.jp/rasenjin/20110826#p2
ドイツ空軍(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E7%A9%BA%E8%BB%8D
ソ連空軍(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E9%80%A3%E7%A9%BA%E8%BB%8D
He 219 (航空機)
http://ja.wikipedia.org/wiki/He_219_%28%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F%29

関連記事
ドイツ軍に立ち向かった空駆ける女たち。ブルース・マイルズ『出撃!魔女飛行隊 WWIIソ連軍女性パイロットたちの群像』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-413.html
祖国を守るため立ち上がった少女たちが空を駆ける! 千田誠行『天空のリリー』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-397.html
守りたいから私は飛ぶ! 謎の飛行体ネウロイと戦う少女たちの物語。『ストライクウィッチーズ』
http://xwablog.exblog.jp/9744416
第2次世界大戦の時の戦闘機乗りたちの物語を集めた短編集。滝沢聖峰『新太平洋戦記』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-137.html



「ハインケルHe219ウーフー(世界の傑作機 NO. 119)」
「アランの戦争――アラン・イングラム・コープの回想録」
「図説・ヨーロッパ航空戦大全―決定版」



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ  →web拍手・コメントはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる