Entries

薬屋に身をやつし家族を殺した相手を探し続ける復讐譚。宮川輝&石ノ森章太郎『買厄懸場帖 九頭竜』第1巻

どうも。馬頭です。トイレに本を常備しているのですが、毎回その時の新刊を持ち込んでいるので全然読まれないまま置きっぱなしになってます。臭くなりそうだwそれはともかく。『買厄懸場帖 九頭竜(ばいやくかけばちょうくずりゅう)』第1巻(宮川輝&石ノ森章太郎。リイド社。SPコミックス。2015年。630円。)「薬屋として各地を巡る男・九頭竜は、厄を買いとる買厄人としても仕事をしていた。そして九つの頭の竜の金細工のあ...

英独海軍がぶつかるWWIのユトラント沖海戦など近代海戦がいっぱい。黒井緑『ユトラント沖海戦』

どうも。ゲームなどでは相手が弱いと思って侮って、簡単に敗北する馬頭です。それはともかく。『ユトラント沖海戦』(黒井緑。白泉社。2016年。780円。119ページ)「1916年5月31日、第一次世界大戦で互いに強力な海軍を持つドイツ海軍とイギリス海軍がユトラント沖で衝突した。この戦いで損傷を受けた巡洋艦ザイドリッツは、浸水と火災に苦しみながらも帰還しようともがくのだが・・・」近現代の海戦を独特な作風で描くサークル「...

宮本武蔵がかわいい少女? 女体化剣客バトル。雨依新空&夢枕獏『ヴィラネス ー真伝・寛永御前試合ー』第1巻

どうも。馬頭です。同時に十冊くらい読み続けてる本がある。どうにかした方がいいのだが、どうしたらいいのかはわからないです。それはともかく。『ヴィラネス ー真伝・寛永御前試合ー』第1巻(雨依新空。原作・夢枕獏。講談社。ヤンマガKC。2015年。602円。184ページ)「1599年・京都。野生児のような少女・宮本弁之助は、廻国修行中の女剣士・秋山虎之介の弟子となる。汚い手も使うが凄まじい腕前の秋山の道中に付き合う中、宮...

女体化トロイア戦争! 最強の女戦士アキレスが敵将ヘクトルと出会う! 藤田かくじ&鉄人『アキレウス アルゴスの軍神』第1巻〜2巻

どうも。友達がほとんどいない馬頭です。それはともかく。『アキレウス アルゴスの軍神』第1巻(藤田かくじ。脚本・鉄人。キルタイムコミュニケーション。ヴァルキリーコミックス。2015年。600円。177ページ)「紀元前13世紀のギリシャ。世界に知られる名高い女戦士アキレスは、アガメムノン王の起こした戦争に参加したが、ギリシャ一円の征服を祝う戦勝の席で、忍び込んだ賊と死闘を繰り広げることになる。それはトロイのヘクト...

ハプスブルク家の支配を打ち破れ! モルガルテンの戦いを描く最終巻。久慈光久『狼の口(ヴォルフスムント)』第8巻(完結)

どうも。残業続きで辛い馬頭です。それはともかく。『狼の口 ヴォルフスムント』第8巻(完結)(久慈光久。エンターブレイン。ビームコミックス。2016年。660円。242ページ)14世紀初頭のスイスを舞台に、峠にある難攻不落の関所の砦「狼の口(ヴォルフスムント)」を守る悪逆非道の代官と、スイス独立を目指す盟約者団の死闘を描く「中世叛乱活劇」最終第8巻!! 作者は久慈光久氏。ついに最終巻ですが、やはりラストはモルガ...

杉元一味と土方一味が合流。そして白石の悲しき恋が語られる・・・! 野田サトル『ゴールデンカムイ』第9巻

どうも。残業続きで辛い馬頭です。それはともかく。『ゴールデンカムイ』第9巻(野田サトル。集英社。ヤングジャンプコミックス。2016年。514円。)「刺青人皮を求める杉元たちと土方たちは合流し、共に行動することになる。だが、鶴見一派の襲撃によって江渡貝邸が焼け落ちてしまい、刺青人皮の判別法を探るため、贋作師の熊岸長庵に会うため月形を目指すことになるのだが一行は2つのグループに分かれてしまい・・・。」どんど...

裏切りと反撃。暴虐の限りを尽くしたクマン兵にキッチリお返し! 大西巷一『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』第7巻

どうも。カップ麺買いすぎて置き場がない馬頭です。とにかく食べて減らさないと・・・・。それはともかく。『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』第7巻(大西巷一。双葉社。アクションコミックス。2016年。620円。189ページ)「1421年の冬。クトナー・ホラの戦いで敗北したフス派軍は、散り散りになってしまう。本隊から離れてしまったジシュカはクマン兵の追撃に捕まり、スコラーリに敗北を認め、フス派を裏切ることになってし...

まだ外国人が誰も通っていない日本の秘境を目指し会津道を往く・・・。佐々大河『ふしぎの国のバード』第2巻

どうも。馬頭です。寒くなると肉まんが美味く感じますねー。それはともかく。『ふしぎの国のバード』第2巻(佐々大河。KADOKAWA。エンターブレイン。ビームコミックス。2016年。620円。210ページ)「1878年(明治11年)。著名な旅行者・冒険者であるイギリス人女性・イザベラ・バードは、極めて優秀な通訳である伊藤鶴吉を連れ、日本の東北地方を進み、蝦夷を目指す。そこには日本人の鶴吉ですら知らないような未知の世界が広がっ...

宿敵も同僚も仕える人さえも次々と死んでいく中、ついに・・・。末弘『漢晋春秋司馬仲達伝三国志 しばちゅうさん』第5巻(完結)

どうも。昔からほとんど友達のいない馬頭です。それはともかく。『漢晋春秋司馬仲達伝三国志 しばちゅうさん』第5巻(完結)(末弘。講談社。イブニングKC。2013年。524円。124ページ)「三国時代の魏。諸葛孔明によって繰り返される北伐に悩まされるが、五丈原の戦いでついに孔明が死去する。だが、しばちゅうさんが仕える曹家には内部からの暗雲が広がり、彼の立場も危うくなり・・・」「大アレ国志」などの末弘(すえひろ)氏...

上杉謙信が実はぐうたら姫だったのだけれども周りが誤解してしまい・・・。柳原満月『軍神ちゃんとよばないで』第1巻

どうも。会社に居場所がない馬頭です。それはともかく。『軍神ちゃんとよばないで』第1巻(柳原満月。芳文社。まんがタイムコミックス。2015年。619円。113ページ)「越後国主・晴景の妹、虎千代はぐうたら姫。しかし、どういうわけか、兵たちには男と思われ、兄の命令で戦に出ることになってしまう。しかも、初陣では大勝利。こうしてどんどん誤解されていってしまうのだが・・・」上杉謙信が女の子だったら、というタイプの謙信...

Appendix

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる